タイトル等
誘惑の光景
―19世紀のロマン主義版画・ドワクロワ、ジョン・マーティンなど―
会場
静岡県立美術館
会期
2005-11-12~2005-12-18
休催日
毎週月曜日
開催時間
10:00~17:30(入館は17時まで)
観覧料
一般・大学生 600円(400円)
小中高生 300円(200絵円)
※( )内は前売・20名以上の団体料金
主催者
静岡県立美術館
概要
名誉、金銭、愛に対する欲望や永遠の若さへの渇望。その業の深さゆえに生まれる、嫉妬や苦しみ。人間の欲望と、欲望への誘惑は、今も昔も尽きることはありません。そのような人間の姿は、古今東西、さまざまな物語や文学の格好の題材となってきました。西洋文学の世界では、原罪を描いた『聖書』に始まり、『ファウスト』や『失楽園』などの大古典文学が、そうした有名な例として挙げられるでしょう。
この展覧会では、人間の「欲望への誘惑」をキーワードに、文学と芸術が一体となった版画作品を展示します。18世紀後半から19世紀半ば頃にかけて、ロマン主義の作家たちはさまざまな文学的主題を視覚的に表現しました。本展ではイギリスとフランスの作家たちに焦点を当て、次の4つのテーマによって構成します。
1.『失楽園』 2.『聖書』
3.『ファウスト』 4.シェークスピア
彼らがひとつの版の中で刻んだ風景は、技法は異なるものの、情熱に満ちた独自の光と影の世界を演出しています。出品数は、約120点という見応えある構成です。「誘惑」を軸に展開される、劇的なモノクロームの迫力に満ちた人間ドラマをどうぞお楽しみください。
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
展覧会問合せ先
Tel.054-263-5755
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索