タイトル等
常設展 第4期 異空間への招待
会場
高松市美術館
会期
2005-11-03~2006-01-15
休催日
月曜休館(1月9日(月・祝)は開館、1月10日(火)は閉館)、年末年始休館(12月29日(木)~1月3日(火))
開催時間
火~金曜日 9:30~19:00 土、日、祝 9:30~17:00(入室はいずれも閉館30分前まで)
観覧料
一般 200円(160円)/高・大生 150円(120円)/小・中生 無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
高松市美術館
概要
小説、漫画、映画の世界に没頭するとき、夢を見るとき、瞑想するときなど、わたし達は日常空間から開放されて、異空間を体験することができます。もちろん美術を通しても、人は異空間を体験できます。みなさんも、遠い過去の出来事や神話の場面などを描いた絵画に接するとき、絵の中の世界にトリップし、しばし日常のことを忘れたという経験がおありではないでしょうか。
私たちを異空間へといざなう点では、現代美術も近代以前の美術に負けてはいません。いや、既成概念や伝統的な約束事から解放された現代美術においては、その度合いはより高いとさえいえるかもしれません。
このたびの展示では、私たちを異空間へといざなう現代美術作品の数々(14作家25点)をご紹介します。マンダラ図のような神秘空間を超越的な視点で描き出した前田常作。卵が割れる瞬間をリアルに描き出し日常に潜む非日常を提示する上田薫。日常風景を「書き割り」のように単純化し描き出すジュリアン・オピー。階段や書棚を鉛筆で丹念に描きミステリアスな雰囲気を醸し出す小川百合など。現代作家による趣向を凝らした異空間の表現の数々をお楽しみください。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/bijyutu/
展覧会問合せ先
高松市美術館 Tel. 087-823-1711
会場住所
〒760-0027
香川県高松市紺屋町10-4
交通案内
■ 車で
高松中央ICから
県道43号線を北へ約4km、県道155号を西へ約1km、国道11号を北へ約1km 美術館通りへ

高松西ICから
県道178号を北へ約2km、国道11号を東へ約4km、上天神交差点を北に約4km 美術館通りへ

■ 飛行機で
高松空港から
高松空港リムジンバス 「兵庫町」下車 約30分 750円 徒歩約4分

■ 電車で
JR 高松駅から
徒歩約15分 中央通りを南へ

ことでん 片原町駅から
徒歩 片原町商店街、丸亀町商店街を約10分

■ バスで
・JR高松駅から ショッピング・レインボー循環バス西廻り
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から 東方面下り、南方面下りほか(通勤特急など除く)
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から まちバス
「丸亀町参番街」下車 100円 徒歩約3分

・高速バス
「県庁通り」下車 徒歩 約8分 中央通りを北へ

■ 自転車・バイクで
無料地下駐輪場
美術館通り(美術館北側の通路及び、美術館西側の通路) からスロープを下った位置に入口がございます。
ご利用時間は、美術館の開館時間に準じます。
大型二輪でお越しの方は、駐輪場をご利用いただけません。受付までお申し出下さいませ。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
香川県高松市紺屋町10-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索