タイトル等
青木コレクションによる 幕末明治の浮世絵
会場
千葉市美術館
会期
2005-09-03~2005-10-16
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前10時から午後6時(入場は5時30分まで)
9月23日[金・祝]を除く毎週金曜日は午後8時まで
(入場は7時30分まで)
観覧料
一 般 :200円(160円)
大学・高校生:150円(120円)
中学・小学生:100円(80円)
※( )内料金は団体30人以上の料金
概要
浮世絵は常に身近な風俗を題材として発展してきました。江戸から明治という時代の変わり目に、浮世絵はどのように題材を選び表現してきたのでしょうか。日本橋魚河岸の魚商が、その当時に集めたというコレクションは、時代の息吹を伝えてくれます。明治5年の博覧会や鉄道の開通を描いた浮世絵など文明開化を題材にした作品、子供たちが遊ぶために制作されたおもちゃ絵、豪華な摺の役者絵、また幕末に盛んであった歴史説話を題材とした浮世絵など、青木総業青木元治氏より千葉市美術館にご寄託いただいている約600点の作品からよりすぐられた約150点による展示となります。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索