タイトル等
日本の心と形/シーボルトの眼
会場
岐阜県美術館
会期
2005-08-27~2005-10-23
休催日
8/29,9/5,12,20,26,10/3,11,17
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
9/16及び10/21は、21:00まで開館
観覧料
一般:800(700)円
大学生:600(500)円
小中高生:無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
岐阜県、岐阜県美術館
概要
昨年秋、岐阜県はドイツ国内2会場で日本と岐阜県の文化を紹介する展覧会を開催しました。今回の展覧会は、現地の人々に大好評を博した同事業の帰国展として企画されたものです。
展示では、岐阜県ゆかりの名品から、桃山と現代の選りすぐりの陶磁器・染織・書画・刀剣を集めた「美術展示」、身近な工芸品をとおして日本人の心を探る「日本の心と形」、そして、日欧の交流史を物語る「シーボルト・コレクション展示」の三つで構成されます。
独自の風土が育んだ日本の生活と文化。わけても岐阜県は、木曽三川が縫う、起伏に富んだ山野に独自の文物を生み育ててきました。本展ではこれらをテーマ毎に配し、一望できるように配慮しました。ドイツの人々と同じように、良質の和紙や絹を産し、優れた陶磁器や刀剣の産地として知られる岐阜の伝統文化を再発見できることでしょう。
この帰国展では、とくに、国立ミュンヘン民俗学博物館が所蔵するシーボルトの収集品が見所です。200年前の激動の時代に生きた西洋人が、日本の姿をいかに見たのか、貴重なコレクションにご注目ください。
ホームページ
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/
展覧会問合せ先
TEL:058-271-1313
会場住所
〒500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
交通案内
■電車をご利用の場合

JR東海道線
JR「西岐阜駅」下車 → 徒歩で15分
JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス

名鉄
名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス


■バスご利用の場合

岐阜バス (有料)
(加野団地線) JR岐阜駅前 (6番乗場) または、名鉄岐阜駅前 (1番乗場)
→ 「県美術館」下車 (約15分)

西ぎふ・くるくるバス 大人:100円 小学生:50円
「西岐阜駅南口」乗車 (約5分) → 「県図書館・美術館」下車
1日7便 (復路約30分)


■自家用車の場合

名神高速道路
岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km

東海北陸自動車道
岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km
ホームページ
http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索