タイトル等
小林陸一郎と環境造形Q
会場
伊丹市立美術館
会期
2005-06-04~2005-07-18
休催日
月曜日(但し、祝日は開館、翌日休館)
開催時間
午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般:700(500)円
大・高生:350(200)円
中・小生:100(80)円
※( )内は20人以上の団体割引料金
概要
「1968年に環境造形Qを結成して以来、わたしたちは一貫して<>をめざしてきました。それは台座の上にことごとしく据えられたり、いかにも芸術でございますといった作品ではなく、みずからのなかにひとびとを受け入れ、ひとびとの参加を待ってはじめて息づくような作品であり、さらにあたりの自然、太陽や地形、樹々や鳥、雨や風ともひびき合い語り合うものであってほしいとながいました。(攻略)」
本展は、1968年の環境造形Qの結成から1988年の解散に至るまでの3人による共同制作の検証を行うことで改めて日本におけるパブリックアートについて考察するものです。
そして今回は、環境造形Qの一員でもある小林陸一郎の新・近作の作品展示も同時開催いたします。
彫刻家・小林陸一郎は、近年の≪旅人の碑≫シリーズについて「不思議に出会って人は感動します。感動を立体として表現すれば彫刻になります。人生という旅の中で出会った感動を≪旅人の碑≫として造形化しました」と語っている。近年小林は、トルコのイスタンブールにあるミマールシナン大学での客員教授の傍らトルコ国内の3ヶ所で大理石による石彫シンポジウムに参加するなど精力的に創作活動をつづけている。
彫刻家・旅人の小林の作品の一つひとつに作家の人柄が窺え、私たちを時の移ろいや悠久の時に誘ってくれます。長年の環境造形Qのひとりとしての仕事と作家個人の軌跡を、新・近作の作品を中心にしながら紹介いたします。
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
展覧会問合せ先
Tel.072-772-7447
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索