タイトル等
猪熊弦一郎展 人物像にみる表現
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2005-01-22~2005-03-06
休催日
会期中無休
開催時間
10:00-18:00(入館は 17:30 まで)
観覧料
一 般 700円(560円)
大 学 生 500円(400円)
高校生以下 無料
※ 観覧料には、企画展料金のほか常設展料金も含みます。
※ ( )内は、前売及び20名以上の団体料金。
概要
東京美術学校を離れ帝国美術院展で活躍した時 期、猪熊は文子夫人やモデルたちを豊かな筆致で写実的に表現しました。またフランス滞在中には、猪熊が好きだったピカソや直接指導を受けたマティスの影響を受けパリで生活する人々の姿を、帰国後は当時飼っていた猫たちと人物を組み合わせた抽象的な人物像を描きました。1955年の渡米を機に、都市や風景、宇宙をテーマに抽象画家としての作品制作を続けますが、1988年妻文子の死をきっかけに「顔」そして「裸婦」などを四角や丸などとともに表した人物像を再び描くようになりました。本展覧会では、初期から晩年における作品を下記にある4つのテーマに分け、猪熊の描いた「人物像」のさまざまな表現をご紹介するものです。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索