タイトル等
民藝 MINGEI
―美は暮らしのなかにある
会場
富山県美術館
会期
2024-07-13~2024-09-23
※記載内容は都合により変更する場合がありますので、ご了承ください。
休催日
・毎週水曜日(祝日を除く)
・祝日の翌日
・年末年始
※メンテナンスや展示替え作業等のため臨時休館する場合があります。
開催時間
9:30~18:00
※季節やイベント等に応じて、臨時開館や延長開館する場合があります。
観覧料
一般:¥1,300(¥1,100)
大学生:¥650(¥500)
一般前売り:¥1,000
※( )内は20名以上の団体料金

・企画展観覧料でコレクション展もご覧いただけます。
・次の方は、コレクション展・企画展ともに観覧無料
1)児童、生徒(小・中学生、高校生など)
2)学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)
3)各種手帳をお持ちの障がい者の方の観覧
(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
・大学生と70歳以上の方は、コレクション展が観覧無料
(大学生の対象は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4学年以上)、専修学校(専門課程)、専修学校(一般課程の19歳以上)、通信制大学、放送大学です)
・詳しくは富山県美術館ホームページでご確認いただくか、美術館へお問い合わせください。
概要
約100年前に思想家・柳宗悦は、市井の人々の暮らしで用いられてきた手仕事の品に美を見出し、民衆的工藝=「民藝」と呼びました。
本展では、そうした民藝の品々約150件を展示致します。
「第Ⅰ章:1941 生活展」では、柳自ら1941年に日本民藝館において企画した「生活展」の再現を試みます。また、「第Ⅱ章:暮らしのなかの民藝」では、市井の人々によって作られ、用いられてきた品々を、衣・食・住という切り口からひも解きます。
「第Ⅲ章:ひろがる民藝」では、富山県、八尾(やつお)の和紙など国内5つの産地の“いま”を紹介する展示や、現在の民藝ブームをけん引するセレクトショップ「MOGI Folk Art」のディレクター、テリー・エリスと北村恵子が世界各地で見つけた品々と現代の暮らしを融合した「これからの民藝スタイル」をインスタレーションとして提案します。
柳が説いた生活の中の美、民藝とは何か、そのひろがりと今、そしてこれからの姿を展望する展覧会です。
会場住所
〒930-0806
富山県富山市木場町3-20
交通案内
●JR富山駅新幹線 改札口(富山駅南口)から・・・
徒歩:約20分/タクシー:約10分
バス:7番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●あいの風富山鉄道 改札口(富山駅北口)から・・・
徒歩:約15分/タクシー:約3分
バス:1番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●富山空港より・・・タクシー:約20分(渋滞なしで)※約9km
●北陸自動車道より・・・富山I.Cから国道41号経由:約15分
※美術館の駐車場(8:00-22:30)は限りがあり、土日や祝日等は混雑や予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用ください。
ホームページ
https://tad-toyama.jp/
富山県富山市木場町3-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索