タイトル等
矢掛町合併70周年記念
特別展 判じ絵展~江戸のなぞなぞに挑戦~
会場
やかげ郷土美術館
会期
2024-07-20~2024-09-01
概要
判じ絵とは、日本語に多い「同音異義語」を利用し、その絵が表す「音」を読み解いて答えを考える、洒落(しゃれ)を用いた言葉遊びで、江戸時代に大人から子どもまで広く庶民に流行しました。江戸の名所や日本各地の地名、動植物に道具類、子どもの遊びなど、あらゆるものが「判じ絵」に取り上げられました。浮世絵師たちが趣向を凝らした様々な図柄の組み合わせは、当時の人々には簡単でも、現代を生きる私たちには馴染みのない難しい問題もありますが、ユーモアとセンスで江戸の人々に挑戦してみましょう。
このたびの展覧会では、江戸時代の浮世絵師たちが描いた判じ絵を中心に、約100点をご紹介します。江戸時代の宿場町として栄えた矢掛で、判じ絵を読み解きながら、江戸気分を味わっていただければ幸いです。
会場住所
〒714-1201
岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1
交通案内
井原線 矢掛駅から徒歩で7分

山陽新幹線 新倉敷駅から タクシーで20分

山陽自動車道 鴨方インターから 車で15分

山陽自動車道 玉島インターから 車で20分
ホームページ
https://museum.yakage-kyouiku.info/
岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索