タイトル等
特別展
レスコヴィッチコレクションの摺物
―パリから来た北斎(ほくさい)・広重(ひろしげ)・北渓(ほっけい)・岳亭(がくてい)―
世界最大級の摺物コレクション来日!
一味違う特注品の魅力!
会場
大和文華館
会期
2024-07-09~2024-09-01
[前期]7月9日(火)ー8月4日(日) [後期]8月6日(火)ー9月1日(日)
休催日
毎週月曜日(ただし7月15日〈祝〉・8月12日〈振替休日〉は開館し、7月16日〈火〉・8月13日〈火〉が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般950円、高校・大学生730円、小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
協賛・協力等
[協力]ジョルジュ・レスコヴィッチ財団
概要
江戸時代の版画のうち、販売用ではない、特別な注文によって制作された作品が摺物(すりもの)です。摺物は主として浮世絵師によって描かれ、数十、数百部しか作られなかったため、伝存するものが少なく、展示されることも多くはありません。しかし、特注品であるため、金銀や雲母を使った豪華なもの、彫摺に手間をかけたもの、特殊なテーマのもの、注文者の私的な事情や趣向がうかがえるものなど、売品にはない魅力をもつものも少なくありません。
この特別展は、パリ在住のジョルジュ・レスコヴィッチ氏の数百点に及ぶ摺物コレクションから、およそ260点を選んで、前期・後期に分けて展示するものです。展示品の大半は、全盛期ともいえる19世紀前半の江戸の摺物で、北斎やその門人の北渓・岳亭をはじめ、俊満・広重・英泉・国貞などの稀品を並べ、摺物文化のエッセンスを提示します。
イベント情報
講演会 7月21日(日)午後2時・講堂[定員]当日先着100名(予約不要)
「江戸狂歌の楽しみかた」 法政大学教授 小林ふみ子氏

日曜美術講座 7月28日(日)午後2時・講堂[定員]当日先着100名(予約不要)
「江戸時代の摺物文化」 当館館長 浅野秀剛

講座美術の窓 8月4日(日)午後2時・講堂[定員]当日先着100名(予約不要)
連続講座「摺物 特注版画の魅力」
第2回「北渓・岳亭と北斎門人の摺物」 当館館長 浅野秀剛

列品解説 毎週土曜日午後2時 当館学芸部による
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索