タイトル等
リアクティヴィティ─反応=再生する可能性
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
会期
2004-08-20~2004-10-17
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
10:00~18:00
観覧料
一般800円/大高生600円/中小生400円
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
概要
テクノロジーの発達は知の共有や個の在り方に大きな変化をあたえ、ひとりの天才がまったくの白紙から芸術を創造するという概念は揺さぶられています。
絶え間ない対話や異なる分野からの刺激、また過去の作品を参照することなどによって、新しく創造的な行為がうまれます。それはより集合的な知への可能性を示しているともいえます。こうしたことは、けっしてデジタルテクノロジーの発達によってはじめて可能になったわけではありませんが、何かへリアクト(反応=再生)して表現をする可能性を大幅に拡大し、自由なジャンルの横断や既成の価値観を組み替えていく試みが、その発達によって顕著に増えてきたということはできるのではないでしょうか。
この展覧会では、こうした動向に着目してテクノロジーとアートの関係を考察する場として、「リアクティヴィティ(反応=再生の可能性)」という言葉を手がかりに鑑賞/体験できるアーティストたちの作品を紹介いたします。過去のリソースや既存のハードウェアを利用したり、ゲーム/アニメ/音楽/インターネットなど様々な表現ジャンルを自由に横断するアーティストたちの作品が並びます。

◇参加アーティスト
0100101110101101.org
マチュー・ブリアン
exonemo
クワクボリョウタ
クリスチャン・マークレー
アミット・ピタル
portable[k]ommunity
エド・スターン?
ドゥ・ジェンジュン??
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp
展覧会問合せ先
フリーダイヤル0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索