タイトル等
安野光雅の世界展
会場
茨城県つくば美術館
会期
2004-09-04~2004-10-11
休催日
月曜日(ただし9月20日、10月11日は開館)、9月21日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人380(320)円、大高280(220)円、小中180(120)円 ※( )内は20名以上団体料金
※土曜日は高校生以下無料
※昭和13年4月1日以前に生まれた方、身体障害者は無料
概要
森鴎外と同郷の島根県津和野に生まれた安野光雅は、画家・絵本作家・エッセイスト・イラストレーターなどとして、幅広い活躍をしています。近年は、ラジオ・テレビにも登場し、ますます多くの人々を魅了しています。戦後は教員を務めながら、絵画制作を続けましたが、35歳で教職を離れ、海外に出かけました。
最初の絵本『ふしぎなえ』(1968)は、42歳のときに出版され、『さかさま』『ふしぎなさーかす』を加えて初期の3部作が成立しました。その後の活躍は目覚しく、絵本があいついで出版され、その評価が高まりました。同時にエッセイストとしても活躍し、美術のみならず文学やその他の領域にも才能を発揮していきます。
本展では7部構成で展示し、<旅の絵本><初期の3部作><文字><数><空想と科学><歌><風景画>などの分野に分けてご紹介します。絵本の内容や対象年齢に応じて作風が豊かに変化する安野光雅の世界。トリック・アートの要素を含む『ふしぎなえ』、筋書きと造形が互いに響きあう構成の『天動説の絵本』、子供も大人も楽しめる『旅の絵本』シリーズ、懐かしい唱歌に基づく『歌の絵本』、オランダ・スイス・イタリア・ドイツに関する風景画文集などからの絵本原画作品100点が出品されます。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
TEL 029-856-3711 FAX 029-856-3358
会場住所
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8
交通案内
■つくばエクスプレス:
「秋葉原駅」より快速45分、終点「つくば駅」下車、A2出口から徒歩3分

■JR常磐線:
「土浦駅」または「ひたち野うしく駅」下車、バス「筑波大学中央」「つくばセンター」行き、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■高速バス:
JR東京駅八重洲南口から「筑波大学」「つくばセンター」行き(約90分)、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■車:
常磐自動車道「桜土浦」インター、あるいは圏央道「つくば中央」または「つくば牛久」インターからつくば方面へ。
指定駐車場[南2]または[北2]に駐車の上、駐車券を受付にお持ちください。1時間(土曜講座への参加は2時間)の割引処理をいたします。

*身体障害者専用駐車場があります。詳しくは美術館までお問い合せください。
*文化会館アルス向かいの法人職員駐車場には駐停車できません。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
茨城県つくば市吾妻2-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索