タイトル等
常総の美術家たち展
日本画・彫刻編
会場
茨城県つくば美術館
会期
2004-07-01~2004-08-01
休催日
月曜日(但し7月19日は開館、翌日休館)
開催時間
午前9:30~午後5:00(入場は4:30まで)
観覧料
一般180(140)円
大学・高校生110(80)円
中学・小学生80(50)円
( )内は20名以上の団体料金
土曜日(7月24日・31日を除く)は高校生以下無料
主催者
茨城県つくば美術館
概要
関東地方の東部、利根川の下流を挟んで北側にある常陸台地と、南側にある下総台地とをあわせて常総台地と呼ばれています。北側の台地には筑波研究学園都市が、南側の台地には新東京国際空港(成田空港)が開発されて、常総地方における首都圏化の象徴的な存在になっています。このように常総地方は急速に都市化が進んでいますが、利根川流域、水郷、霞ヶ浦、北浦沿いの低地、筑波山およびその周辺などには、まだ豊かな自然や田園の風景が見出すこともできます。
この展覧会では、昨年度開催した「田園と都市 常総の美術家たち展」の続編として、茨城県近代美術館の所蔵品の中から、日本画および彫刻を中心とした常総の地にゆかりの深い美術家たちの作品約40点を展示します。
日本画においては、浦田正夫など、常総の自然と風土の中で生き、制作に当たった作家の作品を展示します。作家の目を通して表現された自然や人々の生活の中の風景をご覧ください。また、彫刻におい
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
TEL 029-856-3711 FAX 029-856-3358
会場住所
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8
交通案内
■つくばエクスプレス:
「秋葉原駅」より快速45分、終点「つくば駅」下車、A2出口から徒歩3分

■JR常磐線:
「土浦駅」または「ひたち野うしく駅」下車、バス「筑波大学中央」「つくばセンター」行き、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■高速バス:
JR東京駅八重洲南口から「筑波大学」「つくばセンター」行き(約90分)、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■車:
常磐自動車道「桜土浦」インター、あるいは圏央道「つくば中央」または「つくば牛久」インターからつくば方面へ。
指定駐車場[南2]または[北2]に駐車の上、駐車券を受付にお持ちください。1時間(土曜講座への参加は2時間)の割引処理をいたします。

*身体障害者専用駐車場があります。詳しくは美術館までお問い合せください。
*文化会館アルス向かいの法人職員駐車場には駐停車できません。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
茨城県つくば市吾妻2-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索