タイトル等
齋正機(さいまさき)の世界展
アルバムをめくるように。
…絵の中には あの日の思い出があった…
会場
砺波市美術館
1階企画展示室
会期
2022-09-10~2022-10-30
休催日
9/20(火)、26(月)、10/3(月)、17(月)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般800円(700円)
18歳以下無料、障がい者(介助者1名を含む)無料
※( )内は20名以上の団体、65歳以上の割引料金
主催者
公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、富山新聞社・北國新聞社
協賛・協力等
共催=北日本放送
後援=となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会
協力=箱根・芦ノ湖 成川美術館、佐藤美術館、喜多方市美術館、三菱ケミカル
企画=アート・ベンチャー・オフィス ショウ
概要
齋 正機(さい・まさき)(1966-、福島県出身)は、1992年に東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業、1994年に同大学大学院を修了しました。会派には属せず、個展やグループ展を中心に活躍する気鋭の日本画家です。1998年に「第4回ふるさとの風景展」(喜多方市美術館)で最優秀賞を受賞し、その後も数々の展覧会で受賞を重ねました。活躍は絵画にとどまらず、雑誌や新聞でエッセイを執筆するなど幅広く活動しています。
齋の作品は、何気ない日常や日本の風景が優しく柔らかく描かれ、心に染み渡るような懐かしさを感じさせてくれます。絵の前に立つと誰しも心に持つ故郷や子供時代を思い起こし、その世界観に惹きつけられるでしょう。本展では、初期作品を始め、主に故郷福島を取材した「風景画シリーズ」、子供の頃から親しんだ鉄道を主題とした「鉄道シリーズ」、あたたかい眼差しで子どものしぐさを絶妙に切り取る「子どもシリーズ」から厳選した作品群に加え、福島第一原子力発電所の事故によって帰還困難区域に指定された場所にある桜の名所「夜の森の桜」を取材した大作も併せて展覧し、齋正機の世界を紹介いたします。
イベント情報
◇齋 正機×立島 惠ギャラリーツアー
日時:9月10日(土)午後2時から
会場:企画展示室(要観覧券)
講師:齋 正機氏(出品作家)
立島 惠氏(佐藤美術館学芸部長)

◇担当学芸員によるギャラリートーク
日時:10月1日(土)午後2時から
会場:企画展示室(要観覧券)
ホームページ
https://www.tonami-art-museum.jp/archives/1575
会場住所
〒939-1383
富山県砺波市高道145-1
交通案内
・北陸自動車道・砺波I.C.から 車で5分

・JR北陸新幹線「新高岡駅」、あいの風とやま鉄道「高岡駅」より JR城端線に乗り換え20分、「砺波駅」下車、徒歩20分
ホームページ
http://www.tonami-art-museum.jp/
富山県砺波市高道145-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索