タイトル等
亀井昭伍コレクションより
古作こけし名品展
会場
カメイ美術館
会期
2022-05-31~2022-09-25
休催日
月曜日(祝日は開館)、臨時休館 7月27日(水)~31日(日)
開催時間
午前11時~午後4時
(入館は3時30分まで)
観覧料
一般300円、65歳以上・高校生以下は無料
絵画特別展開催期間8月2日(火)~10月2日(日)
一般500円、65歳以上・中学生以下は無料
概要
こけしは私達の宝物
伝統こけしは、江戸時代後期の文化・文政期(1818~1830)に誕生したと云われています。農閑期の湯治の習慣が定着し、温泉土産が開発されて、こけしもその一つとして生み出されたようです。その時から今日までの長い年月の間、多くのこけし工人が生まれ、愛好家が育ち、そうして今日まで伝えられた伝統文化です。
展示のこけしは、明治時代から、昭和10年代に作られた「古作こけし」と称されるもので、こけしの歴史が偲ばれる貴重な品々です。これらのこけしが作られたのは、鉛筆よりも筆が身近だった頃、電気がまだこんなに明るくなく夜は漆黒の世界で、車も少なく、新幹線も無い…、そんな時代のこけし達です。
ホームページ
https://kameimuseum.or.jp/archives/1466/
会場住所
〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
交通案内
JR仙台駅・西口より 徒歩10分

仙台市地下鉄南北線 五橋駅・北4出口より 徒歩3分
ホームページ
http://www.kameimuseum.or.jp/
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索