タイトル等
瀬戸内国際芸術祭2020 参加 秋の特別展
風景が物語る瀬戸内の力
―自然・歴史・人の共鳴―
知らなかった瀬戸内海が今ここに。
初めて見つける瀬戸内のすがた。
会場
香川県立ミュージアム
特別展示室+常設展示室4・5
会期
2022-09-23~2022-11-06
前期:9.23(金・祝)~10.10(月・祝) 後期:10.12(水)~11.6(日)
休催日
月曜日(10/10(月・祝)は開館、10/11(火)は休館)
開催時間
9:00~17:00
(会期中の土曜日は~20:00) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 1,200円 前売・団体(20名以上) 1,000円
※瀬戸内国際芸術祭パスポート提示で団体料金(9/29~11/6)
※高校生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料
主催者
香川県立ミュージアム
協賛・協力等
共催▶香川県教育委員会
協力▶NHK高松放送局
後援▶朝日新聞高松総局、産経新聞社、山陽新聞社、四国新聞社、日本経済新聞社高松支局、毎日新聞高松支局、読売新聞高松総局、OHK岡山放送、RSK山陽放送、KSB瀬戸内海放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、FM香川、FM815
助成▶独立行政法人日本芸術文化振興会
概要
この秋、瀬戸内国際芸術祭2022参加展覧会として、瀬戸内海がメインテーマの特別展を開催します。瀬戸内海は、日本最大の内海(ないかい)として、本州、四国、九州にある11府県の沿岸によって囲まれ、その海岸線の距離は7,230km※(香川―ハワイの直線距離に相当)にも及び、内海に浮かぶ島々は700以上あります。古くから瀬戸内には、多島海の豊かな自然に、人々が積み重ねた歴史や暮らしが溶け込み、自然景と人文景が共鳴した風景が広がります。
関西、中四国の30件以上の所蔵者のご協力を得て、厳選された約100点の絵画だけに的を絞った展覧会です。<ユートピア><自然><生活><名所><近現代そして未来>の5つのテーマをもとに、中世から現代までの、各地の瀬戸内海の姿を表わした作品が一堂に会し、歴史、民俗、美術、自然など、これまでにない多面的な視点から瀬戸内海の魅力をひも解きます。
※出典「瀬戸内海の概況」(環境省せとうちネット https://www.env.go.jp/water/heisa/heisa_net/setouchiNet/seto/g2/g2cat01/)
イベント情報
[イベント]
[1]講演会 (無料・要事前申込) 定員100名(先着順) 会場:地下1階講堂
「大地の成り立ちからみた瀬戸内の風景」
瀬戸内海は低い陸地に海が入ってできた天然の生け簀(す)です。大地の成り立ちから、瀬戸内海の独特な風景の成り立ちを見直してみませんか?
日時:10月2日(日)13:30~15:00
講師:長谷川修一氏(香川大学特任教授・名誉教授)
申込期間:9月2日(金)~、定員になり次第終了

「くらしが紡ぐ瀬戸内の風景」
自然と人との関わりを示す作品を道しるべとしながら、「瀬戸内らしさ」とはいったいどういった点にあるのか、探ります。
日時:10月23日(日)13:30~15:00
講師:上杉和央氏(京都府立大学准教授)
申込期間:9月23日(金・祝)~、定員になり次第終了

[2]学芸講座 (無料・要事前申込) 定員100名(先着順) 会場:地下1階講堂
「瀬戸内を旅する」
古くから交通の要衝として多くの船が通った瀬戸内海。江戸時代の日記を用いて、当時の瀬戸内海を旅した様子を紹介します。
日時:9月25日(日)13:30~15:00
講師:川邉優佑(当館学芸員)
申込期間:8月25日(木)~、定員になり次第終了

「画家たちが眺めた瀬戸内海」
明治44年(1911)に画家たちが小豆島に遊んだ旅をまとめた旅行記「十人写生旅行」をひも解き、近代に描かれた瀬戸内の絵画とその魅力を紹介します。
日時:10月15日(土)13:30~15:00
講師:窪美酉嘉子(当館主任専門学芸員)
申込期間:9月15日(木)~、定員になり次第終了

「讃岐十景と讃岐百景」
「讃岐十景」や「讃岐百景」など、昭和前半期の香川県における風景認識と観光化について紹介します。
日時:10月30日(日)13:30~15:00
講師:田井静明(瀬戸内海歴史民俗資料館専門職員)
申込期間:9月30日(金)~、定員になり次第終了

[3]ナイトトーク (要観覧券) 会場:特別展示室、常設展示室4・5
当館学芸員が「瀬戸内の力」の魅力を紹介します。
日時:毎週土曜日 18:30~ 40分程度

[4]ワークショップ
「瀬戸内ロックバランシング」 (有料・当日受付)
瀬戸内を形成するいろんな種類の石をバランスよく積み上げてみよう!
日時:10月8日(土)、9日(日)、10日(月・祝) 10:00~12:00、13:00~16:00 のいつでも
会場:2階西ロビー
参加料:100円

「屋島は物語る」 (有料・要事前申込)
自然の景色や地形、歴史や人の営みについて解説を聞きながら、特別展で紹介する瀬戸内の風景を、実際に見て歩きます。
日時:10月22日(土)9:00~12:00
講師:長谷川修一氏(香川大学特任教授・名誉教授)
対象:高校生以上
参加料:500円 *車でお越しの場合、別途駐車料金が必要
定員:20名(1組3名まで、申し込みが多い場合は抽選)
集合場所:屋島山上駐車場(現地集合・現地解散)
コース:屋島山上駐車場→談古嶺→屋島北嶺(遊鶴亭)→やしまーる
申込期間:9月23日(金・祝)~10月7日(金)必着

[特別展関連企画 「風景が物語る瀬戸内の力」とあわせて楽しむ・知る“瀬戸内”]
[常設展示室 1]
瀬戸内泰平―「博物図譜」にみる山野海のめぐみ
9月23日(金・祝)~11月6日(日)
近世博物図譜の精華「高松松平家博物図譜」(香川県指定有形文化財)のうち、昨今、生物学的な調査研究が進められてきた「衆鱗図」(魚類の図)と「衆芳画譜」(植物の図)を展示します。瀬戸内の自然の中にも目にすることができたであろう魚類や植物の豊かなすがたを紹介します。

◎ミュージアムトーク (要観覧券)
10月8日(土)、10月29日(土) 各13:30~

[常設展示室 2]
瀬戸内の風物―島・港・くらし
9月23日(金・祝)~11月6日(日)
香川県出身の紙版画家 井上員男(かずお)(1932~)の作品から瀬戸内の風物を紹介します。井上は昭和49年(1974)から52年まで、各地を取材し、「四国の漁港より」や「瀬戸内シリーズ」といった瀬戸内の港や風物を版画で表しました。瀬戸内の湿気や優しい波音を伝え、どこか懐かしく安らぎを覚える瀬戸内の姿をお楽しみください。

◎ミュージアムトーク (要観覧券)
10月1日(土)、11月3日(木・祝) 各13:30~

[1]講演会・[2]学芸講座の申込方法
電話、はがき、FAX、「かがわ電子自治体システム」(※)を利用したインターネットから。はがき、FAXの場合は氏名、電話番号、講演会・学芸講座の名称を明記してください。

[4]ワークショップ「屋島は物語る」の申込方法
往復はがき、「かがわ電子自治体システム」(※)を利用したインターネットから。1組3名まで申し込み可。往復はがきの場合は、氏名、住所、電話番号、ワークショップ名を明記してください。

申込先:香川県立ミュージアム学芸課
〒760-0030 高松市玉藻町5-5
TEL:087-822-0247 FAX:087-822-0049
※「かがわ電子自治体システム」を利用する場合
香川県立ミュージアムホームページ右下の「関連リンク」から「【香川県】電子申請のページへ」をクリック!
ホームページ
https://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/kmuseum/tenji/tokubetsuten/setouchinochikara.html
会場住所
〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5
交通案内
■ JR高松駅から 東へ900m
■ ことでん 高松築港駅から 東へ800m
■ ことでん 片原町駅から 北へ500m
■ ことでんバス「県民ホール前」下車 徒歩2分
◎ 岡山・愛媛・高知方面から
…高松自動車道 高松西ICより 車で約30分
◎ 徳島方面から
…高松自動車道 高松中央ICより 車で約25分
◎ 高松空港から
…JR高松駅まで リムジンバスで35分
ホームページ
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/
香川県高松市玉藻町5-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索