タイトル等
第3回本郷新記念札幌彫刻賞受賞記念
高橋喜代史展 言葉は橋をかける
会場
本郷新記念札幌彫刻美術館
本館
会期
2021-09-11~2021-12-05
※新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止により会期が変更になる場合がございます。ホームページをご確認のうえご来館ください。
会期変更のお知らせ
本郷新記念札幌彫刻美術館は、北海道を対象とした緊急事態宣言の発令に伴い
2021年8月30日(月)から9月30日(木)まで臨時休館いたします。
それにともない、本展の開幕日は10月1日(金)を予定しております。
休催日
月曜日
※9月11日(土)~9月30日(木)臨時休館
開催時間
午前10時~午後5時
(最終入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 500(400)円|高校・大学生 300(250)円|中学生以下 無料
※( )内は10名以上の団体料金
※65歳以上の方は当日料金が400(団体320)円になります。年齢の分かるものをご呈示ください。
主催者
本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)
協賛・協力等
後援/北海道、札幌市、札幌市教育委員会
助成/NOMURA 野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団
概要
札幌を拠点に活動する美術家・高橋喜代史(1974-)は、書道と漫画を造形の源泉とし、記号化された文字や言葉の多様性をテーマとした表現活動を続けています。
本展では、漫画に用いられる擬音語をモチーフとした立体造形や、自作の装置と墨を用いて描画する「筆シリーズ」、他者との隔たりや繋がりを問うパフォーマンスを記録した映像インスタレーションなど、これまでの軌跡をたどる作品や最新作を展観し、異なる領域との橋渡しを試みる高橋の表現の現代性に迫ります。
イベント情報
「高橋喜代史展」開催記念アーティストトーク
出品作家の高橋喜代史氏が、本展出品作品やこれまでの歩みについて語ります。
※臨時休館に伴い、開催情報を変更いたします。詳細は決定次第お知らせいたします。

このほかの関連事業については、決定次第こちらのページにて随時お知らせいたします。
ホームページ
http://www.hongoshin-smos.jp/d_detail.php?no=139
会場住所
〒064-0954
北海道札幌市中央区宮の森4条12
交通案内
◎お車をご利用の場合
市内中心部より約15分(無料駐車場あり)

◎公共交通機関をご利用の場合
・地下鉄東西線「西28丁目駅」よりタクシーで約5分
・地下鉄東西線「西28丁目駅」2番出口バスターミナル3番のりばからジェイ・アール北海道バス山の手線〈循環西20(神宮前先回り)〉乗車(約5分)、「彫刻美術館入口」下車、山方向に徒歩約10分
ホームページ
http://www.hongoshin-smos.jp/
北海道札幌市中央区宮の森4条12
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索