タイトル等
マリーナ・アブラモヴィッチ - The Star -
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2004-03-20~2004-05-30
休催日
無休
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般950円(760円)、大学生650円(520円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金及び前売り料金、常設展料金含む
主催者
「マリーナ・アブラモヴィッチ -The Star- 」展実行委員会、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館では、今、世界で最も活躍しているアーティストのひとり、マリーナ・アブラモヴィッチの日本では初めてとなる本格的な回顧展を開催いたします。

ベオグラード(旧ユーゴスラビア)出身のマリーナ・アブラモヴィッチ(1946- )は、1997年ヴェニス・ビエンナーレで金獅子賞を受賞するなど世界的に活躍しているアーティストです。1960年代後半から自分の肉体を用いたパフォーマンスを始め、高い評価を得てきました。また1988年まで公私にわたるパートナーであったドイツ人アーティスト、ウーライとのコラボレーションもよく知られています。
アブラモヴィッチの作品は、身体と精神の有り様を探るとともに、その極限と可能性を探求するものでもあります。身体の限界に挑戦する行為を中心に据えた一連のパフォーマンスは、苦痛をコントロールすることで自らを解放し、その精神を浄化するとともに一段上の高みへと引き上げる方法になっています。
本展のために制作された新作≪Count on Us≫(2003)は、故郷ベオグラードに26年ぶりに戻り制作したビデオ作品で、26年前に制作された作品と同じく「Star(スター)」が題材として取り上げられています。アブラモヴィッチにとって、星型は共産主義のシンボルとして幼少時より日常にあふれたものでした。5つの画面に投影される映像は、星型と黒衣をまとい合唱する200人余の子供たち、そして骸骨をまとったアブラモヴィッチの姿です。作品に登場する子供たちには過去の記憶と未来への問いかけが現われ、血塗られた故郷の歴史を浮かび上がらせています。
本展覧会では、ゲスト・キュレーターにアブラモヴィッチと同じベオグラード出身で、最も初期からその作品を見続けてきた世界的キュレーター、ボヤーナ・ペイジをゲスト・キュレーターに招き、パフォーマンス記録写真、オブジェ、ビデオ作品を展示。これまで動的イメージの強かったアブラモヴィッチの静の要素も見せるとともに、彼女が問いかける「人間とは何か?」という根源的な問いかけを探求する展覧会になることでしょう。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索