タイトル等
山口蓬春没後50年・記念館開館30周年記念特別展―第Ⅱ期 発展―
山口蓬春 美の履歴 (後期) 日本画家・山口蓬春のルーツを探る
会場
山口蓬春記念館
会期
2021-08-07~2021-09-26
(前期:8月7日~8月29日、後期:8月31日~9月26日)

※今後のコロナ禍の状況により、展覧会開催状況等の内容が変更となる場合もあります。当館ホームページ等最新情報でご確認ください。
休催日
毎週月曜日(8月9日、9月20日を除く)、8月10日(火)、9月21日(火)
開催時間
午前9時30分~午後3時30分
(入館は午後3時まで)
観覧料
(税込み)
入館料 一般/600円(高校生以下は無料)
団体割引/100円割引(20名以上の団体で1週間前までに予約した場合)
障がい者割引/100円割引(同伴者1名を含む)
連携館割引/100円割引
※連携館:葉山しおさい公園・博物館(大人券のみ)、神奈川県立近代美術館 葉山(企画展の一般券・学生券のみ)
※当館を何度でもご覧いただけるお得な年間入館券1,800円(発行月から翌年の同月末日まで有効)を発売中
主催者
山口蓬春記念館・公益財団法人JR東海生涯学習財団
協賛・協力等
後援:神奈川県教育委員会、葉山町教育委員会
概要
山口蓬春(1893-1971)が77年にわたる生涯を閉じてから今年で50年を迎えます。日本画の世界を一新した蓬春の功績は後進世代に引き継がれ、現代にも息づいています。蓬春作品や蓬春により蒐集された美術品を長年にわたって守り続けた春子夫人(1899-1991)の意向を受け、平成3年(1991)、葉山の旧邸跡に山口蓬春記念館が開館しました。以来、蓬春作品と愛蔵の品々の展示、資料の調査・研究を通じて蓬春の人間像に迫ると同時に、夫妻が愛でた庭園や創造の場となった画室を含む家屋の整備、ならびに収蔵品の修復等により、蓬春の生きた時空間を感じていただける記念館を目指してまいりました。
令和3年10月に30周年を迎える当館では、改めて蓬春の画業を検証し、とりわけその魅力を余すところなく紹介する特別展を開催いたします。
特別展の「第二期 発展」にあたる本展では会期を3つに分け、まず前期は蓬春コレクションより東洋美術の品々をご覧いただく「東洋への愛」、次に中期は普段見ることのできない秘蔵コレクションが葉山にやってくる「蓬春モダニズム―観たまま、感じたまま、知ったまま―」、後期では蓬春の画家としての原点を探る「日本画家・山口蓬春のルーツを探る」とそれぞれのテーマから蓬春の「美の履歴」を辿ります。
遠く伊豆大島をのぞみ、背後に大峰山を背負うここ葉山一色の山口家旧邸にて、現代の日本画につながる道筋を示した数々の名作をどうぞご堪能ください。

【後期】日本画家・山口蓬春のルーツを探る
大正7年、東京美術学校日本画科に転科した山口三郎(のちの蓬春)は、雅号を「蓬春」とし、日本画家としての道を歩み始めました。大正12年に同校を首席で卒業後、指導教授であった松岡映丘を盟主とする新興大和絵会を活躍の舞台とします。東京美術学校が新たな美術教育制度の変革を遂げる中、網羅的に収集された古美術の数々を臨模することでその技術は錬磨されてゆきます。また京都に暮らし、季節の風物を間近に感じる体験も蓬春芸術の糧となりました。
本展では当館が収蔵する、東京美術学校時代から新興大和絵会時代までの作品を一堂に会し、大正末から昭和初期にかけての蓬春の歩みを辿ります。

※展示作品は都合により一部変更することがあります。
※所蔵表記のないものは当館所蔵になります。
イベント情報
国際博物館の日
内容 国際博物館会議(ICOM)では、5月18日を「国際博物館の日」とし、博物館が社会に果たす役割について広く市民にアピールしています。当館でもこれを記念して、当日来館された方全員にオリジナルグッズを差し上げます。
日時 2021年5月18日(火)

展示解説
内容展示の見どころを学芸員が解説します。
日時 2021年4月18日(日) 13:30~(約20分)
2021年6月20日(日) 13:30~(約20分)
2021年8月15日(日) 13:30~(約20分)
定員 先着5名
集合 開始時間までに受付手続きをお済ませの上、受付前にご集合ください。

子どもと大人のための美術に親しむ教室
内容 日本画で使用する岩絵具や膠(にかわ)を使って絵を描きます。
日時 2021年6月5日(土) 13:00~16:00
場所 山口蓬春記念館 別館 多目的室
講師 当館学芸員
対象 小学校5年生~中学生と保護者にあたる大人の方
参加費 無料
定員 5組10名(応募者多数の場合は抽選)
締切日 5月24日(月)
申込み はがき又はFAXに住所、氏名(ふりがな)、電話番号、学校名・学年、イベント名を明記の上、お申込みください。

第58回 葉山特別見学会
内容 葉山町にある博物館・美術館を学芸員の解説付きでご案内いたします。
日時 9月予定 9:30~14:30
場所 葉山しおさい博物館・山口蓬春記念館・神奈川県立近代美術館 葉山
費用 無料
定員 12名(応募者多数の場合は抽選)
申込み 詳細は当館ホームページをご覧ください。
※イベント等は中止になることがあります。最新情報は当館ホームページをご覧いただくか、お電話にてお問合せください。
展示替え情報
※会期中に一部展示替えを予定しております。
ホームページ
https://www.hoshun.jp/exhibitions/
会場住所
〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色2320
交通案内
■電車でお越しのお客様
JR逗子駅 (横須賀線・湘南新宿ライン) → 京浜急行バス 3番乗場

新逗子駅 (京浜急行線) → 南口 2番乗場

海岸回り葉山行 (逗12)、「海岸回り福祉文化会館行 (逗11)」にて約18分
「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車 徒歩2分
※ただし、土・日・祝日等は大変混みあう可能性がありますのでご注意ください。

【ルート案内】バス降車後、逗子に戻りながら信号機付横断歩道を通り過ぎ、山口蓬春記念館の電柱広告を右折し小道を上り、看板に沿って徒歩2分で正門に到着します。

■車でお越しのお客様
逗子ICから逗葉新道、県道207号線経由で約7km
ホームページ
http://www.hoshun.jp/
神奈川県三浦郡葉山町一色2320
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索