タイトル等
企画展
尾張の百科事典 御秘本 『張州雑志』
会場
蓬左文庫
会期
2021-02-06~2021-04-04
・今後の状況によっては、展覧会、イベントが変更・中止となる場合がございます。
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
[入館は午後4時半まで]
観覧料
一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般1,200円、高大生 600円、小中生 400円
※土曜日は高校生以下入館無料
主催者
徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社
協賛・協力等
協力 名古屋市交通局
概要
江戸時代の尾張のあれこれについて知りたい!!そんなときにうってつけなのが『張州雑志』という尾張の百科事典のような書物です。18世紀後半に内藤東甫(ないとう とうほ)という尾張藩士によって編纂された同書は、尾張のあらゆることについて、多くの色鮮やかな挿絵を添えて記録しています。村々の景観や動植物のすがた、働く人びとや祭りのようす、寺社宝物の形状などなど...。色彩豊かな絵図の数々が、往時の尾張の世界を如実に伝えます。藩では「御秘本(ごひほん)」扱いとされたこの幻の書物は、その原本百巻が名古屋市蓬左文庫に伝わります。本展では、この『張州雑志』を一堂に公開し、江戸時代の尾張の世界をお楽しみいただきます。
イベント情報
[土曜講座]
★『張州雑志』とは何ぞや
名古屋市蓬左文庫学芸員 今和泉 大
日時:2021年2月13日[土] 会場:講堂
午後1時30分~3時(開場:1時)

★大名と浮世絵
徳川美術館副館長・学芸部長 神谷 浩
日時:2021年3月6日[土] 会場:講堂
午後1時30分~3時(開場:1時)

[講演会] 記録画に挑んだ東甫
講師:元名古屋市博物館学芸員 山本 祐子氏
日時:2021年2月28日[日] 会場:講堂
午後1時30分~3時(開場:1時)
定員:60名[先着] ※入館者聴講自由(入館料別途要)

[学芸員の見どころガイド]
名古屋市蓬左文庫学芸員 今和泉 大
日時:2021年2月27日[土] 会場:講堂
午後1時~1時30分(開場:12時30分)
定員:60名[先着] ※入館者聴講自由(入館料別途要)

[特別企画] 雛まつりフォトスポット 会場:玄関ロビー
名古屋の老舗大西人形本店による雛人形を展示公開!

★オリジナル香り袋・文香をつくる
日時:2021年2月20日[土] 会場:講堂
・午前の部 午前11時~12時 ・午後の部 午後2時~3時

★貝合わせの「体験と制作」講座
日時:2021年2月23日[火・祝]、3月11日[木]、3月21日[日]
午前10時30分~12時30分 会場:講堂

★大西人形店店主が語る雛人形いろは話とくるみボタンのヘアアクセサリー制作講座
日時:2021年3月2日[火] 会場:講堂
・第一部 午後1時~2時
・第二部 午後2時30分~3時30分

★のイベントは有料・事前申込制です。空席があった場合のみ当日受講可能。詳しくはHPをご覧ください。

[関連企画] 文化のみち雛巡り(シールラリー)
日時:2021年2月6日[土]~3月7日[日]
展示替え情報
(※会期中、一部展示替えを行います。)
ホームページ
https://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2021/0206-2hosa/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1001
交通案内
●基幹バス「徳川園新出来」下車徒歩3分
●メーグル「徳川園・徳川美術館・蓮左文庫」下車
●JR中央線「大曾根駅」下車 南口より徒歩10分
ホームページ
http://housa.city.nagoya.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1001
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索