タイトル等
唐武と芸術写真の時代
会場
岩手県立美術館
会期
2021-01-16~2021-02-14
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本展および関連のイベントを変更または中止することがありますので、ご理解のほどお願いいたします。当館ウェブサイトやSNSにて最新の情報をご確認ください。
休催日
月曜日
開催時間
9時30分~18時
(入館は17時30分まで)
観覧料
〔一般〕前売600円(当日800円)、〔高校生・学生〕前売400円(当日500円)、〔小学生・中学生〕前売200円(当日300円)
*当日券の販売は当館のみです。 *当日券をお買い求めの際、次の割引があります。 ◎20名以上の団体は前売料金と同額 ◎療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示の方、およびその付き添いの方1名は半額 ◎生協組合員カードをご提示の方、およびそのご家族は前売料金と同額 *岩手県子育て応援パスポートによる割引があります。 *学生の方は学生証または生徒手帳をご提示ください。 *企画展観覧券で常設展もご覧になれます(1月26日(火)ー29日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。

〔前売券販売所〕 *販売は2021年1月15日(金)まで
●岩手県立美術館●岩手県民会館
●指定プレイガイド<カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店/さわや書店本店/江釣子SCパル/いわて生協/岩手県庁生協/Cyg art gallery/ローソン(Lコード:21524)/セブン‐イレブン(セブンコード:086-023)>
主催者
岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
協賛・協力等
一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、情報紙ゆうゆう
概要
技術の進歩によって、写真撮影がより手軽にできるようになった明治後期、自らの楽しみとして写真を撮り、観賞しようとする人々が現れます。記録という本来の役割よりも、美的な“作品”としての写真を目指した彼らは、絵画の表現を手本とし、その写真は「芸術写真」と呼ばれました。
大正期になると、カメラ人口の急増とともに芸術写真は全国で盛んに作られるようになり、様々な表現が生まれます。そして多くの写真家たちが、写真雑誌への投稿や展覧会への出品を通じて、互いの腕を競いました。
その中で、岩手を代表する写真家として広く名を知られた一人が、盛岡で長らく写真館を営んでいた唐武(からたけし)(1902-1990年)です。唐は仲間といち早く芸術写真に取り組み、大正末期から戦前にかけて、岩手の写真界の中心的存在として活躍しました。何気ない光景やありふれたモチーフを、モダンな感覚と巧みな画面構成で印象深い場面へと昇華させた唐の作品は、近年の写真史研究においても、高い注目を集めています。
初の本格的な回顧展となる本展では、約100点の作品で唐武の世界をご覧いただきます。また、神戸の淵上白陽(ふちかみ はくよう)をはじめ、岩手の写真会に影響を与えた同時代の主要芸術写真家たちの作品、唐とともに岩手県内で活躍した写真家たちの作品や資料を併せて展示し、岩手で芸術写真が花開いた時代をご紹介します。
イベント情報
◆関連イベント
講演会「唐武の写真:表現の変遷とその精華」
講 師:竹葉 丈(たけばじょう)氏[名古屋市美術館学芸員]
日 時:2021年1月16日(土)14:00-15:30
場 所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールにお越しください。参加無料です。

ワークショップ「あそぶ・まなぶ・スマホカメラ」
身のまわりにあるものや自分で組み立てたものをスマホカメラで撮影します。ものをよく見る技術を、遊びながら学べるワークショップです。

講 師:伊藤隆宗(いとうたかむね)氏[写真家、イトウタカムネ写真事務所代表]
日 時:2021年2月7日(日)①10:00-12:00 ②14:00-16:00
場 所:美術館内および美術館周辺(荒天時は館内のみ)
対 象:①小学生とその保護者 ②高校生以上一般
※カメラ機能付きスマートフォンをご持参ください。
カメラアプリ、Instagram等の利用を予定しています。
定 員:①6組(1組3名まで) ②10名
応募方法:参加ご希望の方は、葉書、インターネットのいずれかでお申し込みください。
・葉書:①イベント名、②参加希望時間、③氏名(ふりがな)、性別、年齢、(1枚につき1組、または1名)、④連絡先の郵便番号、住所、電話番号を明記し、当館宛てに送ってください。
・インターネット:当館ウェブサイト内の当ワークショップの情報ページの申し込みフォームに入力してください(1口につき1組、または1名)。
*申し込み結果は葉書またはメールでお知らせします。定員を超えた場合は抽選になります。
詳細は当館ウェブサイトでご確認ください。参加無料です。
応募締切:1月21日(木)必着

ギャラリートーク
日 時:2021年1月22日(金)、2月5日(金)いずれも14:00-(15分程度)
場 所:ホール
*参加ご希望の方は本展観覧券または半券をお持ちの上、当日直接ホールにお越しください。
ホームページ
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20210116.html
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索