タイトル等
「人間の権利にもっと光を!ヒューマンライツ写真展」
会場
伊丹市立美術館
会期
2004-01-04~2004-03-07
休催日
月曜日(但し2/2~2/6は休館)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 700円(500円)
高・大学生 350円(250円)
中・小学生 100円(80円)
※( )内はチケットぴあ及び20名以上の団体料金
主催者
伊丹市立美術館/伊丹市文化振興財団
概要
伊丹市立美術館では「人間の権利にもっと光を!ヒューマンライツ写真展」を開催いたします。
当館はこれまで人権に関する様々な取り組みを展開してきました。しかし私たちを取り巻く状況は地球規模の大きな変革のときを迎え、人間の危機と不安の様相も以前にも増して深刻なものとなっています。
このような状況下で今いちど人類社会の最も基本的な権利である「人間の権利」について、その原典ともいえる「世界人権宣言」の条文のもつ深い意味に示唆を求めることの意義は大きいと考えます。
宣言は「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。(世界人権宣言 第1条)」と力強くうたいあげています。
本展は、ヒューマニズムの写真家セバスチャオ・サルガド、ジェーン・エヴリン・アトウッド、デーヴィド・バーネットをはじめ、コンタクトプレスイメージに所属する国籍と視線を異にするおよそ35名の写真家たちによる1970年代から現在までの世界の動きから、人間の権利の問題を取り上げた写真140余点を条文に沿って紹介します。それらは民族紛争、殺戮、難民、飢餓、テロ、失業、家族や子どもなど、様々の人権を問うテーマを検証しようとしています。作品には世界を揺るがしたアメリカ同時多発テロ、さらにイラク戦争など現代が直面する問題も含まれています。
この展覧会から「世界人権宣言」の精神と、私たちを取り巻く人権の抑圧や尊厳についてひとりでも多くの方々の関心が寄せられることを願っています。
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
展覧会問合せ先
Tel.072-772-7447
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索