タイトル等
黒田泰蔵
黒田泰蔵さんの白は、真理を求めてやまない心の色である。- 安藤忠雄
会場
大阪市立東洋陶磁美術館
会期
2020-11-21~2021-07-25
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会期の変更や入場制限等をおこなう場合があります。最新の情報は当館ホームページでご確認ください。
休催日
月曜日(11月23日、1月11日、5月3日を除く)、11月24日、12月28日~1月4日、1月12日、5月6日
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,400円(1,200)、高大生700円(600)
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
主催者
大阪市立東洋陶磁美術館
協賛・協力等
協賛:イセ文化財団
協力:(株)タイゾウ
概要
黒田泰蔵(1946-)は、静謐な白磁の造形で世界的に知られています。20歳でパリに渡り、1967年にカナダで陶芸に出会った黒田は、帰国後の1982年に初個展を開催します。白磁の作品を初めて発表した1992年からは、これが創作の中心となってゆきました。黒田の白磁作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づけます。作家は、白磁のうつわをつくることを「イエスとノーの間の言葉」を表現することに例えています。つまり、言葉にならないことを、かたちにして共有する方法だと捉えているのでしょう。本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、黒田泰蔵の白磁作品約60点を展示いたします。梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに、直線と円とで構成される「円筒」まで、作家の代表的な造形によって黒田泰蔵の世界をご覧いただきます。

会場では、静岡県伊東市にある自然豊かな作家のアトリエや、併設されている安藤忠雄設計のギャラリーに作品を配した様子(写真上)などを映像でご紹介いたします。
ホームページ
http://www.moco.or.jp/exhibition/upcoming/?e=565
会場住所
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島1-1-26
交通案内
・京阪 中之島線「なにわ橋駅」 1号出口すぐ

・地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」 1号出口、
地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」 26号出口
各駅から約400m 大阪市中央公会堂東側
ホームページ
http://www.moco.or.jp/
会場問合せ先
TEL.06-6223-0055
大阪府大阪市北区中之島1-1-26
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索