タイトル等
曽宮一念とその時代
会場
静岡県立美術館
会期
2020-09-15~2020-11-15
休催日
毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。ただし、9月23日(水)は休館、11月2日(月)は開館。)
開催時間
10:00~17:30
(展示室の入室は17:00まで)
観覧料
当日券一般:300円/70歳以上・大学生以下:無料
団体券一般:200円/70歳以上・大学生以下:無料
※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合があります。詳しくは美術館まで。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。専用駐車場のほか、車椅子も完備しております。美術館総務課までお問合わせください。

曽宮一念展 相互割引
静岡県立美術館 収蔵品展「曽宮一念とその時代」(9/15-11/15)
駿府博物館 企画展「開館50周年記念 曽宮一念展 ~朽ちることなき心象風景~」(10/24-12/20)
当館の収蔵品展または企画展「富野由悠季の世界」の観覧券(9/15-11/15の日付がある半券可)を駿府博物館でご提示いただくと、駿府博物館の観覧料が100円引きになります。
駿府博物館の上記展覧会の観覧券(半券可)を当館収蔵品展入口でご提示いただくと、団体料金(200円)になります。
※企画展「富野由悠季の世界」は割引対象外です。会期にご注意ください。
概要
曽宮一念は、明治26(1893)年、東京に生まれました。東京美術学校では、藤島武二の指導を受け、卒業後は、二科展、独立展を中心に活動しました。そして、昭和20(1945)年には、静岡県富士宮市に住居を構え、平成6(1994)年に101歳で亡くなるまで、半世紀に及ぶ後半生を静岡で過ごしました。 風景の骨格を剥ぎ出すような極太の鋭い描線と深みのある鮮やかな色彩は、曽宮一念の特徴です。静岡に長く住みながら、富士山をモティーフとした作品をほとんど残さなかったことも有名なエピソードです。 この展示では、昭和10(1935)年に第5回独立展に出品した《種子静物》をはじめとして、当館が所蔵する曽宮一念の作品11点、すべてを出品します。あわせて、同じ時代に作画活動を行なった佐伯祐三、曽宮と同じく独立美術協会で活動した児島善三郎、里見勝蔵、清水登之などの作品を中心に「曽宮一念とその時代」を振り返ります。
ホームページ
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/64
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索