タイトル等
新収蔵
猪原大華と岩倉壽
響きあう師弟の感性―
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2020-08-29~2020-10-11
休催日
月曜日(ただし9月21日は開館し、23日は休館します)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般500(400)円 ※( )内は団体20名以上
高校生以下は無料(学生証をご提示してください)
※65歳以上は無料(年齢のわかるものをご提示ください)
概要
猪原大華(本名壽)は明治30(1897)年広島県深安郡神辺町(現福山市)に生まれ、大正7(1918)年に金島桂華の勧めで京都市立絵画専門学校に入学します。土田麦僊に師事し、その後西村五雲の塾に入り、昭和13(1938)年に五雲が亡くなってからは、山口華楊らと晨鳥社を結成します。戦後は自然をより深く見つめ、造形の奥にある存在感を描き出すような画風を展開しました。
岩倉壽は昭和11(1936)年香川県三豊郡山本町(現三豊市)に生まれ、昭和30(1955)年京都市立美術大学美術学部日本画科に進学しました。そこで、当時講師であった大華に出会います。在学中に第1回新日展で初入選し、卒業後には晨鳥社に加わります。昭和47(1972)年に第4回改組日展で《柳図》が特選となるなど、日展を中心に活躍し、平成30(2018)年に亡くなられました。
大華と岩倉、偶然にも同じ名前の二人の作品を見比べると、共鳴する魅力があることに気づきます。岩倉は大華を敬愛しており、大華没後の個展に寄せたコメントで「対象を深く凝視し、自分自身の心の奥を確認しながら、一筆一筆進められた先生のお姿が作品の裏から、しみじみと伝わって来ます」と記しています。それは同じように対象に誠実に向き合う、岩倉自身の姿勢とも共通しています。
このたび竹喬美術館に大華作品9点、岩倉の日展出品作を含む17点の作品が寄贈されました。特に大華の昭和47(1972)年の第25回晨鳥社展に出品した《部屋の花》は、野の花の強さと瑞々しさとともに、どこか温かいなつかしさを感じさせる作品です。また岩倉の平成21(2009)年第41回日展の《比叡遠望》は、岩倉の自宅から見える比叡山を窓の外に望む構図です。白昼夢のように優しく、穏やかで純粋な世界が画面の中に広がっています。
愚直なまでに画道を全うした二人の作品は、これまで二人展として紹介されたことはありませんでした。二人の作家が紡ぐ、心地よい自然の中で心を遊ばせてみませんか。
イベント情報
詳細は美術館にお尋ねください(0865-63-3967)

●講座 ※要予約
「凝視から表象へー二人の壽ー」
上薗四郎(当館顧問)
9月27日(日)13:30~15:00 竹喬美術館視聴覚室

●学芸員によるギャラリートーク ※予約不要
8月30日(日)、9月20日(日)
各日13:30~14:30
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/29652.html
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索