タイトル等
特別展
万葉の起憶
―偉人達がしたためた万葉歌碑原書を中心に―
会場
奈良県立万葉文化館
会期
2020-12-12~2021-02-28
休催日
毎週月曜日(祝日の場合、翌平日休館)・年末年始
開催時間
午前10時~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
観覧料
一般:800円(640) 高校・大学生:500円(400) 小・中学生:300円(240)
※( )内は20名以上の団体割引
※その他の割引は万葉文化館までお問い合わせください。
主催者
奈良県立万葉文化館
協賛・協力等
協力 桜井市教育委員会
日本博
概要
このたび、奈良県立万葉文化館では、特別展「万葉の起憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に―」を開催いたします。
万葉文化館所蔵の「万葉日本画」一五四点は、平成十三年の開館にあたって当時の日本画壇を代表する日本画家が『万葉集』の歌を題材に制作したもので『万葉集』の世界を視覚的な面から楽しむことのできる美術作品となっています。
本展覧会では「万葉日本画」とともに、桜井市所蔵の万葉歌碑原書を展示します。
「山の辺の道」や「伊勢街道」、「磐余の道」など多くの古道が残る桜井市。それら古道の路傍には記紀万葉の歌碑が六四基建立されています。昭和四七年(一九七二)から始まった歌稗の建立に当たっては、桜井市出身で文芸評論家の保田與重郎(一九一〇-一九八一)の呼びかけにより、昭和を代表する作家、文学者、画家、学者など各界の著名人から揮毫が寄せられました。今回は、それら揮毫の原書のうち二八点を展示いたします。昭和の文人たちの躍動感あふれる書と、画家が『万葉集』を丹念に読み込んで描いた「万葉日本画」をあわせてご覧いただくことで、大和の風土に託された古代の人々の想いに触れ、『万葉集』の世界を楽しんでいただければ幸いです。
イベント情報
【関連イベント】
①当館学芸員によるギャラリートーク 申込不要 要観覧券
日時:令和2年12月13日(日)午後3時45分~

②関連講演会 事前申込制 無料
「万葉歌の始原」
講師:坂本信幸氏(高岡市万葉歴史館館長)
日時:令和3年1月30日(土)午後2時~(約90分)
定員:100名(応募者多数の場合抽選)

―関連講演会申込方法―
往復はがき(1枚につき1名のみ申込可)に郵便番号・住所・氏名・電話番号・「関連講演会聴講希望」と記入し、下記宛先までお送りください。(電話・Eメール・FAX 不可)
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
奈良県立万葉文化館 企画普及課(学芸)
[締切]令和3年1月10日(日)必着

※今後の新型コロナウイルス感染状況のより、イベントを変更・中止にする場合があります。
ホームページ
http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=288
会場住所
〒634-0103
奈良県高市郡明日香村飛鳥10
交通案内
アクセス①近鉄橿原神宮前駅東口より周遊バス(かめバス)乗車➡万葉文化館西口下車(約二〇分)
アクセス②近鉄・JR桜井駅南口より石舞台行きバス乗車➡万葉文化館下車(約二〇分)
ホームページ
http://www.manyo.jp
奈良県高市郡明日香村飛鳥10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索