タイトル等
特別展
蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―
会場
北海道立帯広美術館
会期
2020-09-19~2020-12-06
休催日
月曜日(9月21日、11月2日、11月23日は開館)、9月23日(水)、11月24日(火)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
当日券 一般 1,300円 大学生500円 高校生以下 無料
割引料金 一般 1,100円 大学生 400円 高校生以下 無料
*割引料金は10名以上の団体、前売り、リピーター、相互割引料金。
*リピーター割引は、当館または他の道立美術館で開催された特別展の半券のご提示により、特別展のチケット1枚が割引になります。
*相互割引として、神田日勝記念美術館のチケットの半券のご提示により、特別展のチケット1枚が割引になります。(上記2つの割引については、1枚につき1名様1回限り有効。 有効期限はチケット裏に記載。)
*障害者手帳をお持ちの方などは無料。
*コレクション・ギャラリーとの共通料金:一般 1,410(1,310)円、大学生 560(510)円 ( )内は10名以上の団体の割引料金。
*大学生の前売り券はコンビニ発券のみ。

前売券発売所(~9/18)
帯広美術館売店、神田日勝記念美術館、十勝毎日新聞販売店、勝毎サロン(藤丸7F)、イープラス、セブンチケット、チケットぴあ(Pコード685-319)、ローソンチケット(Lコード 11454)
主催者
蜷川実花展帯広実行委員会(北海道立帯広美術館・帯広市・帯広市教育委員会・十勝毎日新聞社・NP0 十勝文化会議)、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
|協賛|株式会社日本HP、ライオン、大日本印刷,損保ジャパン
|協力|富士フィルムイメージングシステムズ、東京リスマチッタ、フレームマン、東京スタデオ
|特別協力|STV札幌テレビ放送
|企画協力|ラッキースター、小山登美夫ギャラリー
|企画プロデュース|後藤繁雄+G/P gallery
概要
写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活動をしている蜷川実花。本展では、「虚構と現実」をテーマにアーティストの写真の本質に迫ります。色鮮やかな花々を撮影した《永遠の花》や《桜》をはじめ、著名人やスポーツ選手を撮影した《Portraits of the Time》、新境地となった《うつくしい日々》など、多様な方向から制作された作品が一堂に会します。表現のジャンルを限定することなく時代の先端を鮮烈に示し続ける"蜷川実花"の作品世界を全身で体感できる、またとない機会となることでしょう。
イベント情報
■キッズ・ツアー
子どもたち向けに、展覧会を楽しくご案内します。
[日 時] 9月26日(土) 午後2時~(約30分)
[会 場] 当館主展示室(要観覧券、高校生以下無料)

■ギャラリー・ツアー
[日 時] 10月10日(土)、11月21日(土) 午後2時~(約40分)
[会 場] 当館主展示室(要観覧券、高校生以下無料)

■キッズ・ミュージアム「ハロウィン★コスチューム」
託児室を開設します。
[日 時] 10月24日(土) 午後1時30分~午後3時30分(受付は午後3時まで)
[会 場] 当館講堂(託児無料)

■芸術週間
[日 時] 11月1日(日)~7日(土)
*この他にもさまざまな催しを行います。詳しくはお問い合わせください。
*一部を除いて撮影可(フラッシュ不可)
*状況に応じて、入場制限をする場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
会場住所
〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
交通案内
バス / 拓殖バス (帯広駅バスターミナル②番より):
【25 帯広の森線】【21~24 南商業高校線】乗車16分で「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車 徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)

タクシー / JR帯広駅より約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索