タイトル等
古川美術館企画展
「美術のなかのどうぶつたち」
会場
古川美術館
会期
2020-05-23~2020-07-19
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
チケット販売所
チケットぴあ(Pコード 685-231)
ファミリーマートCNプレイガイド(コード:34817)
セブンイレブンチケット(セブンコード:084-255)
主催者
公益財団法人古川知足会
協賛・協力等
後援 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
概要
人間にとって動物は常に身近な存在でした。自然の脅威や神秘的なものとして畏怖され、祀られる存在であり、また一方では牛や馬、羊などは家畜として人間の生活を支える存在でもありました。そして現代では空前のペットブームに沸き、動物はもはや家族のような存在となっています。私たちと動物は、太古の昔から深くかかわりながら生きてきたのです。その身近な動物たちは美術にも表現されてきました。日本では、古くは中国絵画を源流とする花鳥画があり、鳥獣虫魚といった生きとし生けるものが美しい日本の四季の中に描かれていきます。近代以降になると、動物たちの姿は花鳥画という伝統から飛び出し、画家たちの個性や思いを映し出し、存在感を増して大胆に描かれるようになります。動物たちは、表現の可能性を一気に広げ美術の中で命を輝かせ、さまざまな姿を見せ、私たちを楽しませてくれています。
本展では、古川美術館の所蔵品から、思わず「カワイイ!」と声をあげたくなるもの、華やかな美しさが表現されているもの、よく見ると迫力の中にも愛らしさのあるものまで、動物(鳥獣虫魚)がさまざまに表現された作品を展示します。動物画の名手・竹内栖鳳、その栖鳳を凌ぐとまで言われた西村五雲、花鳥画に新境地を開いた上村松篁と上村淳之の鳥たち、水墨の枯淡な味わいを見せる木島櫻谷の狸、詩情あふれる独自の画風を追求した井上覚造の知性と愛嬌に満ちた瞳の猫・・・。その他にも力強く駆け抜ける馬や、圧倒的な存在感を放つ牛、野生の鋭さを放つ虎、風景の中に溶け込んだ小さな犬まで、画家たちが動物たちに込めた思いや技法の多様さなどとともに、美術のなかに息づく動物たちのいとおしき姿をお楽しみください。
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
交通案内
【電車】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バス】
池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/
会場問合せ先
052-763-1991
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索