タイトル等
ルドゥーテ展
~19世紀植物画(ボタニカルアート)の世界~
会場
パラミタミュージアム
会期
2020-04-02~2020-05-24
休催日
※会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
観覧料
一般1,000円(4枚セット券3,000円)/大学生800円/高校生500円/中学生以下無料
主催者
公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
協賛・協力等
後援:中日新聞社、読売新聞社、朝日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送
特別協力:コノサーズ・コレクション東京
概要
ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテは、1759年、現在のベルギーの代々画家を家業とする家に生まれました。23歳の時にパリに移って画家として成功し、王妃マリー・アントワネットから「博物蒐集室付画家」の称号を授かっています。そして、フランス革命後も画家として活躍し、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌの信を得て、マルメゾン宮殿の花を描く宮廷画家に任命されています。また植物画家としてのルドゥーテは、その高い技量から「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも称されています。
今回は、ルドゥーテの代表作の一つである「美花選(Choix des plus belles fleurs)1827-33年刊の完全シリーズ144点と、貴重な肉筆画を含む関連作品をあわせて160点余りをそれぞれの植物の情報とともに展示し、19世紀フランス植物画の世界をお楽しみいただきます。
イベント情報
【記念講演会】4月19日(日)午後2時~ 講師:中村美砂子氏(日本ルドゥーテ協会 副代表理事)

パラミタコンサート
4月5日(日)フルート/ホルン/ファゴット/クラリネット/ピアノ
5月17日(日)フルート/ピアノ
いずれも午後2時~3時

第18回
子ども写生大会
5月5日(火・祝)
午前9時30分~午後3時
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com/plan/next_exhibition.html
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索