タイトル等
「思索の描写~河野通勢(こうのみちせい)と実篤~」
秋の特別展
会場
調布市武者小路実篤記念館
会期
2003-10-25~2003-12-07
休催日
月曜日(11/3、11/24は開館)11/4、11/25
開催時間
9:00~17:00
観覧料
高校生以上 200円
小・中学生 100円
概要
河野通勢(1895-1950年)は、大正3年(1914年)に発足した二科展第一回に弱冠19歳で初入選し、その年齢にそぐわない高い描写力で注目を集めました。その後、日本近代美術を代表する画家・岸田劉生が起こした草土社に参加し、木村荘八、椿貞雄らとともに活躍しました。草土社同人の画風は、岸田劉生「切り通しの写生」(重要文化財・東京国立近代美術館蔵)に代表される対象の徹底的な描写で知られますが、そのなかにあって河野の描写はひときわ細密で、特にデッサン力に優れています。
河野の絵画制作は、写生でありながら単なる写生にとどまらず、細密な描写を支えた対象の凝視と深い思索によって、人物、草木、風景などに物語性や精神性までを描き出し、多くの人を魅了しました。
一方、大正9年に白樺同人・長与善郎の「項羽と劉邦」で装幀・挿絵を手がけたのを皮切りに、大正期後半以降、本格的に挿絵に取り組みました。特に新聞小説や雑誌に連載された時代小説で活躍して人気を博し、白井喬二「富士に立つ影」、田中貢太郎「旋風時代」などの代表作を生みだしました。
河野は岸田を通じて実篤ら白樺同人とも交友を持ち、『白樺』へ執筆し、また大正11年に「白樺主催河野通勢展」を開催しています。
武者小路実篤(1885-1976年)とはとりわけ交友を深め、大正12年に『白樺』が終刊した以降も実篤が主宰した「大調和美術展覧会」や「新しき村美術展」にも大きく関わりました。また実篤作品の装幀・挿絵では、河野は岸田につぐ点数を制作し、特に「井原西鶴」(昭和6年)は河野の挿絵の代表作となっています。
河野は十歳年長の実篤の人柄や制作に当たる姿勢を慕い、昭和4年の岸田の死後は、実篤がもっとも良き理解者であり、自らの指針ともし、生涯深い交流がありました。
本展覧会では、「井原西鶴」挿絵原画が、東京都近代文学博物館の廃止にともない平成14年より当館所蔵となったのを機会に、河野と実篤の交流を作品と資料でたどります。また、河野が残した素描や下絵、制作メモや展覧会資料、収集した古今東西の複製画や画集など数々の資料にも注目し、大正時代から昭和前半にかけての美術事情と、その中における河野の制作への取り組みを紹介します。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
展覧会問合せ先
TEL 03(3326)0648
会場住所
〒182-0003
東京都調布市若葉町1-8-30
交通案内
<京王線>
仙川駅 または つつじヶ丘駅下車 徒歩10分

<小田急線>
成城学園前駅より 「調布駅」、または「神代団地」行バス、稲荷前下車 徒歩5分

<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
東京都調布市若葉町1-8-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索