タイトル等
VOCA展2020
現代美術の展望─新しい平面の作家たち
会場
上野の森美術館
会期
2020-03-12~2020-03-30
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は30分前まで)
観覧料
一般600(500)円|大学生500円|高校生以下無料
チケットぴあ(Pコード:685-099)、ローソンチケット(Lコード:38070)、e+(イープラス)・スマチケ、LINEチケット、楽天チケット、主要コンビニ店頭などで発売
*( )は前売料金 *手数料がかかる場合があります
*障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料

・「VOCA展」&「FACE展」相互割引
「VOCA展2020」のチケットの半券で「FACE展2020」
(2月15日[土]~3月15日[日]、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)の入場料が100円引となります。
主催者
「VOCA展」実行委員会、公益財団法人日本美術協会・上野の森美術館
協賛・協力等
特別協賛:第一生命保険株式会社
概要
VOCA (ヴォーカ)展は絵画や写真など平面美術の領域で高い将来性のある40才以下の作家を奨励する展覧会で、今年で27回目の開催を迎えます。
「VOCA展2020」には、全国の美術館学芸員、キュレーター、研究者などから推薦された作家33名(組)が出品します。このなかから5名の選考委員によりVOCA賞1名、奨励賞2名、佳作賞2名が選ばれました。そして大原美術館賞が館の選考により決定しました。
今回のVOCAも絵画のほか写真や映像など多様な技法・メディアによる意欲的な作品が集まりました。受賞作品にも写真を使ったものが多く見られますが、そこに作家独自の創意と手法が加わって、現実とヴァーチャルの世界が重なり合うイメージが出現しています。
気鋭の作家たちが「平面」という枠組みのなかで、現在なにをテーマにそれぞれの表現を切り開いているのか、ぜひご覧ください。
イベント情報
・シンポジウム「VOCA展2020」を語る
3月11日[水] 午後3時~午後5時
パネリスト:受賞作家、 選考委員|定員:150名(申し込み要)
<シンポジウムのお申し込み>
住所、電話番号、氏名、シンポジウム参加希望を明記のうえ、ファックスかメールでお申し込みください。
定員となりしだい締め切らせていただきます。
申し込み先:上野の森美術館「VOCA展」係
Fax:03-3833-4193|e-mail: voca2020_s@ueno-mori.org

・アーティスト・トーク
3月14日[土] 午後3時~4時|浅野友理子、黒宮菜菜、宮本華子
3月21日[土] 午後3時~4時|菅 実花、Nerhol、李 晶玉

・学芸員によるギャラリートーク
3月15日[日] 午後3時~4時
3月22日[日] 午後3時~4時
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2020/
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索