タイトル等
河田小龍 -幕末土佐のハイカラ画人-
会場
高知県立美術館
会期
2003-11-02~2003-12-23
休催日
11/4、11/10、11/17、11/25、12/2、12/8、12/15、12/22
開催時間
9:00~17:00(入場は16:30まで)
※展覧会初日は開展式ため10:00~
※11/26より一部展示替えを行う予定
観覧料
一般 700円(600円)
大学生 500円(400円)
高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
高知県立美術館、高知新聞社
概要
河田小龍は、幕末から明治期にかけて幅広く活躍した、土佐を代表する絵師の一人です。小龍は御水主・土生玉助の長男として高知城下に生まれ、祖父の河田家を継ぎました。通称篤太郎、小龍は号のひとつで、他にも小梁、松梁、維鶴、翠竹なども用いています。幼い頃から絵画を志し、12歳のときに島本蘭渓に入門、本格的に絵の修行を始めます。また15歳のときには、儒者、岡本寧浦に儒学を学びます。1846(弘化3)年、当時の土佐藩家老、吉田東洋に従い、京坂に赴いたときには書を篠崎小竹、南画を中林竹洞に習い、さらに狩野永岳にも師事し、京都二条城の襖絵修理にも携わったといわれています。その後も、長崎遊学時に木下逸雲に清朝画を学ぶなど、ありとあらゆる絵画様式、技法を会得しました。一方では写真や西洋画への関心も高く、先進的な絵師でもありました。明治維新後は高知藩吏として出仕しますが、その傍らで『吸江図志』、「高知市街地図」などを刊行し、また土佐の画人を網羅した『南海画識』などの著述も行いました。晩年は京都の琵琶湖疎水工事の記録図誌の制作や内国勧業博覧会への出品など、高知県外でも活躍し、75歳で亡くなるまで多大な仕事を成し遂げました。小龍は1852(嘉永5)年、アメリカ漂流民のジョン万次郎(中浜万次郎)の取調べに立会い、『漂巽紀略』を著します。また、坂本龍馬と出会った際には、彼に航海通商策の開国論を教えたことがよく知られています。自身の画塾「墨雲洞」からは多くの画人が世に出ましたが、その後、海援隊隊士として幕末を駆け抜けた長岡謙吉、新宮馬之助、近藤長次郎らも小龍の弟子でした。
歴史画、肖像画、山水画、美人画、芝居絵などのあらゆる画題を、軸や屏風はもちろん、襖、絵馬、幟などに自由自在に描きながら、なおも単なる絵師にとどまらず、多方面にダイナミックに活躍した小龍は、盛期ルネサンスの巨人レオナルドに比すことができるでしょう。
本展では、河田小龍の全貌を約150点の絵画作品や資料などで紹介いたします。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索