タイトル等
時空を超える風景たち
明治の記録画から現代都市の写真まで
会場
世田谷美術館
会期
2003-10-11~2003-12-07
休催日
月曜日(休日の場合は翌日)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般600(480)円/大・高生400(320)円/中・小生、65歳以上、300(240)円
※ ( )内は20人以上の団体割引 障害者割引あり
主催者
世田谷美術館
概要
芸術の主題としての<風景>が西洋から日本にもたらされたのは、油画技法や写真術が輸入された時期に同じく、江戸末期のことでした。以来<風景>は、近代芸術の展開とともに重要な領域となり、単なる「対象」であることを超え、芸術家たちの創造の源泉となって、彼/彼女らの自然観、時代観、世界観を表象してゆくことになりました。
本展では、当館の収蔵品を中心に、<風景>を主題とした国内作家の絵画や写真作品など合計約280点を展覧し、明治期以来この主題をめぐる表現が、時代とともにどのような変化を見せてきたか、その一端をご紹介します。
記録としての<風景>や、西欧への憧憬とともに描いた写実的<風景>、抽象化された<風景>、心的・内的な空想世界の<風景>、自然礼賛の<風景>、都市の喧騒をそのまま写し出したスナップ写真の<風景>など、その様相は実に多様なものです。さまざまな<風景たち>の饗宴をお楽しみください。
主な出品作家:高橋源吉、小堀四郎、向井潤吉、師岡宏次、村井正誠、宮本隆司ほか
ホームページ
http://www.setagayaartmuseum.or.jp
展覧会問合せ先
03-3415-6011
会場住所
〒157-0075
東京都世田谷区砧公園1-2
交通案内
● 東急田園都市線「用賀」駅下車、北口から徒歩17分、または美術館行バス「美術館」下車徒歩3分
● 小田急線「成城学園前」駅下車、南口から渋谷駅行バス「砧町」下車徒歩10分
● 小田急線「千歳船橋」駅から田園調布駅行バス「美術館入口」下車徒歩5分
● 美術館専用駐車場(60台、無料):東名高速道路高架下、厚木方面側道400m先。美術館まで徒歩5分
ホームページ
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都世田谷区砧公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索