タイトル等
女を描く -美醜を超えて-
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2019-11-30~2020-01-19
休催日
毎週月曜日(ただし、1月13日は開館。1月14日休館) 年末年始(12月29日~1月3日)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般500(400)円
( )内は団体20名以上
高校生以下は無料(学生証をご提示ください)
65歳以上は無料(年齢のわかるものをご提示ください)
概要
絵画表現の主題として「美人画」があります。この言葉を冠した展覧会からは麗しき女性の姿を描いた作品群がイメージされます。またこの主題のうちには、歌舞伎などに題材を得た女形(おやま)の姿を美人に見立てている場合もあり、多様な女性表現が内包されています。男女を問わず人物画の魅力は、単に端正な容姿の美しさにあるのではなく、心の内にあるさまざまな戦(そよ)ぎ、いわば人生が表出していることにあります。とくに女性表現においては、ときに哀愁を、またときに官能性を、さらにはおどろおどろしい毒気を帯びることもあります。心地良さを超え、正対できないほどの激しい心の動きがその全姿に生々しく表現されている作品もあります。
この容貌と精神の美醜を超えた女性表現は、女性の画家が多くを生み出しているように思えます。このたびの企画では、上村松園、島成園、木谷千種、和気春光、村田織江、金谷朱尾子などが描いた「女」を中心に、鏑木清方、大林千萬樹、粥川伸二、岡本神草、上島鳳山などの作品を交えた約70点により、多彩な女性表現をご紹介します。心の戦ぎを発見していただければ幸いです。
イベント情報
■講座「〈女〉を描くとは」
上薗四郎(当館館長) 1月12日(日) 13:30~15:00
笠岡市立竹喬美術館視聴覚室 要申込

■学芸員によるギャラリートーク
11月30日(土)、1月4日(土) 13:30~14:30

■新春イベント
「お正月ミュージアムグッズ福引」
1月4日(土) 9:30~16:30

「干支ペーパークラフト・チャレンジ教室」
1月4日(土)~13日(月・祝) 9:30~16:00 参加費別途100円 小学生以上
詳細はお尋ねください(TEL.0865-63-3967)
ホームページ
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/24123.html
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索