タイトル等
国宝 観楓図屏風
名画で楽しむ紅葉狩りの宴
会場
東京国立博物館
会期
2003-11-05~2003-12-14
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
9:30~17:00
※毎週金曜日は20:00まで(入館は閉館30分まで)
観覧料
一般 420円(210円)
大学生 130円(70円)
※高校生以下、満65歳以上の方の本展示および平常展覧会は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者とその介護者1名は無料
概要
季節は秋、一連の雁が旅立ち、白鷺が舞い降りようとしています。ここは紅葉の名所、京都・高雄。一面の鮮やかな紅葉の向こうには、厚い雲をへだてて神護寺の宝塔の朱が映えています。左手の雲間にのぞく愛宕社の峰にはもう冬の気配が近づいており、紅葉と雪の白さが美しく対比しています。群青の清滝川の右岸には秋草が咲き誇って、洒落た衣装の女性たちと子供らが寛ぎながら楓を愛でています。この屏風には当時の衣装、喫茶や舞、飲食などの風習が活き活きと描き出されています。一服一銭が茶を売り、男達が酒を呑みながら謡い舞う。橋上では男が笛を奏で、そのたもとには稚児をともなった僧侶らがそぞろ歩く…。
この屏風が描かれたのは応仁の乱によって荒れ果ててしまった都がやっと復興しはじめた頃。この頃ようやく人びとは平和をふたたび謳歌しはじめました。この屏風は楽しげな風俗画であるとともに、そうした美しい平和の象徴でもあるのです。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索