タイトル等
円山応挙から近代京都画壇へ
会場
京都国立近代美術館
会期
2019-11-02~2019-12-15
前期:11月2日~11月24日/後期:11月26日~12月15日
休催日
毎週月曜日、11月5日(火)
※ただし11月4日(月・振休)は開館
開催時間
午前9時30分~午後5時
ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 (当日)1,500 (前売り)1,300 (団体(20名以上))1,300
大学生 (当日)1,100 (前売り)900 (団体(20名以上))900
高校生 (当日)600 (前売り)400 (団体(20名以上))400
※中学生以下は無料。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※前売り券は9月2日~11月1日までの期間限定販売
主催者
京都国立近代美術館
朝日新聞社
京都新聞
NHK京都放送局
協賛・協力等
協賛
岡村印刷工業
JR西日本
本展は「日本博」参画プロジェクトです。
概要
18世紀の京都において、円山応挙は、実物写生の精神に基づいた写生画というジャンルを切り開きました。精緻に描かれた応挙の写生画は、爆発的な人気を博し、円山派という一流派を形成しました。四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立しました。応挙、呉春を源泉とする円山・四条派は、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、植村松園等を輩出しました。本展では、応挙、呉春から近代へいたる系譜を追うことで、円山、四条派の全貌に迫るとともに、京都画壇の様相の一端を明らかにするものです。
展示替え情報
※期間中、展示替を行います。
巡回等情報
東京藝術大学大学美術館 2019年8月3日(土)~9月29日(日)
ホームページ
https://okyokindai2019.exhibit.jp/
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索