タイトル等
イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ
記憶と空間の造形
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅠ
会期
2020-02-27~2020-04-12
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)※ただし2月27日[木]は午前11時から午後6時まで
観覧料
一般=900円(800円) 大学生=700円(600円) 高校生以下=無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
主催者
岐阜県現代陶芸美術館、京都国立近代美術館
協賛・協力等
《共催》岐阜新聞社 岐阜放送 《協賛》国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会
概要
イタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソ(1928-2017)は、神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとしています。初期は、自身のルーツであるシチリアの記憶と結びつけた装飾的な器物を制作していましたが、次第に古代ローマやギリシャ、エトルリアの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かいます。こうしたカルーソの表現は、日本を含め世界中で高い評価を得ています。

またカルーソは、美濃焼で知られる当地の世界的なコンペティション、国際陶磁器展美濃の第1回展(1986年)から第6回展(2002年)まで審査員を5度歴任するなど、美濃にもゆかりが深く、この国際陶磁器展美濃は、2020年秋に第12回の開催を迎えようとしています。

本展は、ニーノ・カルーソの偉業を、92点の代表作と数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介する、日本で初めての本格的な回顧展です。
イベント情報
講演会―父 ニーノ・カルーソを語る 仮題
通訳付き
講師|アンドレア・カルーソ(彫刻家)
日時|2月29日[土]午後2時~3時30分
※参加無料・要事前申込〈電話・メール〉
《受付開始:1月18日[土]》

友の会特別鑑賞会
対象|岐阜県現代陶芸美術館友の会会員
日時|3月7日[土]午前10時30分~
※随時入会可・要事前申込〈電話・メール〉《受付開始:2月1日[土]》

スペシャルジャズコンサート「野々田万照 Pax Romana」
演奏者|野々田万照(サックス奏者)ほか
日時|3月21日[土]午後2時~3時
※参加無料・要事前申込〈電話・メール〉《受付開始:2月1日[土]》

素材をしるワークショップ「鋳込む+型:かたちをつくる」
金工編
講師|田中祐江(鋳金作家)
日時|3月7日[土]午後1時30分~3時30分
陶芸編
講師|山浦陽介(陶磁器作家)
日時|3月20日[金・祝]午後1時30分~3時30分
※いずれも参加費500円・要事前申込〈電話〉《受付開始:2月1日[土]》

申込方法
《電話》0572-28-3100
《メール》momca2019event@gmail.com
以下の事項をお知らせください ①催事名 ②参加者名(複数名可) ③代表者の氏名、電話番号、住所

特別ギャラリートーク―※要観覧券・事前申込不要
講師|大長智広(京都国立近代美術館研究員)
日時|3月8日[日]午後2時~3時

ギャラリートーク―※要観覧券・事前申込不要
当館学芸員による展示解説
日時|3月15日[日]、3月29日[日]午後2時~2時45分

※各催しについての詳細は当館ホームページをご覧ください
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索