タイトル等
佐藤克久「レジャーシートをひろげるムジュン」
会場
児玉画廊 | 天王洲
会期
2019-06-08~2019-07-06
休催日
日・月・祝休廊
開催時間
11時~18時
11時-18時(火~木, 土) / 11時-20時 (金)
概要
拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
児玉画廊|天王洲では6月8日(土)より7月6日(土)まで、佐藤克久「レジャーシートをひろげるムジュン」を下記の通り開催する運びとなりました。個展としては2016年の「ふりをしたつもり」(児玉画廊, 白金)以来、およそ3年ぶりとなります。
佐藤は近年、作品制作や展覧会キュレーションを通して一貫して「絵画とは何か」を問い続けています。絵画を描くということ、その主たる目的や動機、そしてそれに熱情を燃やす画家とは一体何か、その問いはつきません。佐藤の果てない逡巡を示すように、作品は常に徹底した構想と、綿密な色彩構成から成ります。作品の表層は明るく朗らかな相貌を見せつつも、その内側に秘めた鋭い問題意識の眼差しは、鑑賞者を絵画に対する思考の渦へと深く引き込んでいきます。
絵画を描くということの根本に立ち返るように、佐藤の作品制作は絵そのものよりももっと手前にある、絵を絵として存在させるための諸要素を一から辿り直すかのように作られます。色彩や形、サイズの検討、画材・素材の扱い方、図と地の関係性、絵画のフレーム、イリュージョン、具象と抽象。「絵画とは何か」という問いに対して、佐藤が考え得る思考の全てを踏まえながら、それを可能な限り丁寧に作品に反映させていることは、作品を前にしばし静観すれば自ずと理解されるでしょう。ストロークの一本、色彩のわずかなニュアンス一つとっても、そこに作家の意識が働いていないことはなく、その制作過程ではどれほどの試行錯誤を繰り返していることか想像だにできません。それでいて、遊びに興じるような軽やかさと、人の目を楽しませて止まない色彩の明るさに画面が溢れかえっているからこそ、反面、その思索の深さを思わせるのです。
試行錯誤の創作の結果として、時には、キャンバスは切り抜かれ、捻じ曲げられ、あるいは故意につけられた折り目が線描や構成の指標ともなり、文字でさえも形象の一つとしてまぎれ込んできます。絵画が壁面にある必要性を問うとするならば、どうにかしてキャンバスを自立させることさえ厭わないのです。思考の果てに辿りついたこうした行いは、衝動的、あるいは実験的である、とも思われるかもしれません。しかし、そうした一般的な絵画としての造形を逸脱したものであったとしても、佐藤の作品には間違いなくそれが絵画である、と誰しもを強く納得させる力に満ちています。作家は「リアリティ」という言葉をその根拠として用いましたが、「絵画とは何か」という問いに立ち向かい続けていると、必然的に「なぜ絵画を描くのか」という必要性に対する問いに直面することにもなります。絵画を描くことの「リアリティ」とは何か、ということです。そもそも、「リアリティ」はそれぞれの画家が自然発生的に持っているものであって、絵を描く人が強迫観念的に持たねばならないというものではない、と佐藤は前置きするものの、そこを突き詰めていくことで「ただの絵」から「ある作家の必然性において生み出された絵画」というオリジナリティとも結びつく性質が強く立ち現れてくるので、絵画の高みに向かうにはそこは避けては通れぬ関門です。しかし、独自性が強くなればなるほど「リアリティ」の他者との共感は遠のき、作家はきっと孤独へと追いやられてしまいます。そうした中で作家がある意図を持って描いたことが、往々にして他人にとっては違う意味を持ち、真逆となって「矛盾」を生んでしまうことさえある、というわけです。100人の作家がいて、100通りの「リアリティ」があり、しかも100人の他者と誰一人分かり合うことすらままならないのでは、普遍的な態度で「絵画とは何か」と問いかけること自体が無意味に思えてきます。であれば考え方を変える必要があります。
一般的に「リアリティ」とは、現実感、つまり誰にとっても揺るぎない現実に根差すものと理解されます。一方で、佐藤が「リアリティ」と述べているそれは、実際にはより個人に根差した「アクチュアリティ」に近い感覚であろうと思われます。佐藤の、今、をまざまざと見せる現実性の発露としての絵画、そのように描かざるをえない当事者としての現実感覚、そういった意味であれば、その現実感は決して一般的なものではなく佐藤独りだけのものです。だからこそ佐藤に「矛盾」を感じさせるのです。作家が孤独に追いやられる、と述べましたがそうではなく、孤独であることはすでに与えられた前提条件としてあり、その上に立って問うことが求められるのです。佐藤にとって絵画を描くことの「アクチュアリティ」の表出が「矛盾」を生む、そしてその「矛盾」こそが絵画にとってなくてはならないものだとするならば。「レジャーシートをひろげるムジュン」というタイトルは、文意はいくつにも解釈しようがある、というレトリックを使った佐藤による思考ゲームの序文であります。さて一体、「絵画とは何か」。
今回の個展では、従来からのキャンバス作品に加え、インスタレーション的な新展開、絵画のフレームを脱構築するかのような試みなど、児玉画廊|天王洲の空間での初個展を問いと謎で意欲的に構成します。つきましては、本状をご覧の上展覧会をご高覧賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

敬具
2019年5月
児玉画廊 小林 健
イベント情報
オープニング: 6月8日(土)18時より
ホームページ
http://www.kodamagallery.com/sato201906/index.html
会場住所
〒140-0002
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F
ホームページ
http://www.kodamagallery.com/index.html
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索