タイトル等
没後50年 坂本繁二郎展
会場
久留米市美術館
本館2階
会期
2019-04-06~2019-06-09
観覧料
一般(個人)1,000円 (団体) 800円
シニア(個人)700円 (団体)500円
大学生(個人)500円 (団体)300円
高校生以下 (個人)無料 (団体)無料
前売り (Pコード769-560/Lコード86691)600円
*団体料金は15名以上、シニアは65歳以上。
*障害者の方は手帳をご提示いただきますと、ご本人と介護者1名が一般個人料金の半額となります。
*前売券はチケットぴあ、ローソン各店にて展覧会開始日の約1か月前より販売。
*メンバーシップ「みゅ~ず」のミュージアム会員は無料(年間フリーパス特典有り。同伴者1名まで無料)、スタンダード会員は団体料金にてご入館いただけます。
主催者
久留米市美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送
協賛・協力等
特別助成 公益財団法人石橋財団
後援 久留米市教育委員会
概要
「巨星が落ちた。」坂本繁二郎の死を筑後地方の新聞ではそう大きく伝えました。それから50年経った今年、彼の生まれ故郷である久留米で、展覧会を開催します。
坂本繁二郎(1882-1969)は、福岡県久留米市に生まれ、ヨーロッパ留学から帰国後は久留米近郊の八女市を制作の地に選び、その地で生涯を終えました。
坂本は、ヨーロッパ留学までは牛を、帰国後は馬を、戦後は身の回りの静物、なかでも能面を、最晩年は月をおもにテーマとして取り上げました。
本展では、坂本が生涯描きつづけた静物画にとくに注目し、彼の絵画が成熟していく過程を人生の歩みとともに明らかにしていきます。その充実した人生と静寂な絵画世界が、多くの人を魅了するにちがいありません。
同じ年、同じ久留米に生まれた青木繁(1882-1911)は、坂本の親友でもありライバルでもありました。展覧会では二人の関係も紹介します。
イベント情報
「坂本繁二郎展」ギャラリートーク 申込不要
「没後50年 坂本繁二郎展」のギャラリートークを行います。
日程:土曜日(5/25をのぞく)、日曜日 (4/14をのぞく)
時間:14:00-14:20
集合場所:本館2階エントランス
参加無料、要「没後50年 坂本繁二郎展」チケット

担当学芸員によるギャラリートーク 申込不要
「没後50年 坂本繁二郎展」の担当学芸員によるギャラリートークを行います。
開催日:4月14日(日)
時間:14:00-14:40
集合場所:本館2階エントランス
参加無料、要展覧会チケット

美術講座「坂本繁二郎の絵画世界」 申込不要 聴講無料
日時:5月25日(土)14:00-15:30(13:30開場)
講師:森山秀子(久留米市美術館副館長)
会場:本館1階多目的ルーム
定員:70名

ワークショップ「はんじろうさんモビールをつくろう」要申込
展示作品をスケッチして、八女和紙でモビールを作ります。出来上がったモビールは、オーギカナエさんがバルーンを使ってプカプカ浮かぶインスタレーションに仕上げ、坂本繁二郎旧アトリエで5月11日(土)、12日(日)に公開します。(作ったモビールは後日参加者に郵送いたします。)
日時:4月27日(土) 午前の部 10:00-12:00 午後の部 14:00-16:00
講師:オーギカナエ(アーティスト)
定員:各回20名
対象:どなたでも(小学生以下のお子様は保護者同伴)
会場:本館1階多目的ルーム・展示室
参加費:無料(但し大学生以上の方は展覧会チケットが必要)

①-⑥をご記入の上、FAXまたはハガキでお申し込みください。1通で2名までお申込可能です。
①参加希望時間帯
②参加者人数
③参加者氏名・年齢
④郵便番号・住所
⑤電話番号
⑥保護者氏名(参加者が小学生以下の場合)
※応募者多数の場合は抽選、結果はご応募いただいた方全員に4月6日(月)までにお知らせいたします。
申込締切:4月2日(火)必着 →定員まで受け付けます。

インスタレーション「はんじろうさんの雲」撮影OK
《放水路の雲》など坂本繁二郎が描いた雲をイメージして、オーギカナエさんが、ワークショップで仕上げたモビールとバルーンで、坂本繁二郎旧アトリエ内を素敵な空間にします。
日時:5月11日(土)、12日(日)11:00-15:00
アーティスト:オーギカナエ
場所:石橋文化センター内、坂本繁二郎旧アトリエ

ワークショップ「はんじろうさんブローチをつくろう」申込不要
展示中の作品からお気に入りを選び、プラ板でブローチに仕上げます。 日時:5月18日(土)10:00-15:00 対象:どなたでも(小学生以下のお子様は保護者同伴) 会場:本館1階多目的ルーム・展示室 材料費:1個100円 ※ただし大学生以上の方は、材料費に加え、展覧会チケットも必要
ホームページ
https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20190406-2/
会場住所
〒839-0862
福岡県久留米市野中町1015(石橋文化センター内)
交通案内
福岡空港より西鉄久留米駅まで西鉄高速バスで約50分(文化センター前下車)
JR博多駅よりJR久留米駅まで新幹線で20分(快速で40分)
西鉄福岡(天神)駅より西鉄久留米駅まで特急で30分、急行で40分
JR久留米駅より西鉄バスで15分、西鉄久留米より約5分(文化センター前下車)
久留米インターより約10分(石橋文化センター内に有料駐車場あり)
ホームページ
http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/
福岡県久留米市野中町1015(石橋文化センター内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索