タイトル等
第4期コレクション展(前期)
招福!笑う絵画
会場
大分市美術館
常設展示室2
会期
2019-01-16~2019-02-24
休催日
平成31年1月21日(月曜日)、28日(月曜日)、2月12日(火曜日)、18日(月曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般300円(250円)、高大生200円(150円)、 中学生以下は市内市外を問わず無料
※()は20名以上の団体料金
※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
概要
笑う門には福来る――。いつもにこにこと笑って暮らす人の家には、自然と幸運がめぐって来ると言われます。
日本の絵画でも、しばしば「笑い」は人々に幸福や富、長寿をもたらす象徴として描かれますが、なかでも目立つのが、江戸時代の恵比寿や大黒、布袋などの福の神を描いたもの。縁起物として描かれた彼らは、決まって太った体に短い手足のユーモラスな体型を持ち、大きな顔におおらかで、優しい笑みを浮かべています。
そのほか、江戸時代の絵画の中には、南画に描かれた文人たちのおだやかな笑み、美人画の魅力的な女性の微笑、神通力をあやつる仙人たちの意味深長な笑みなど、実に多彩な笑いを見ることが出来ます。
今回の展示では、日本の江戸時代の絵画と、それに大きく影響を及ぼした中国の絵画から、「笑い」にちなんだ作品を特集します。新しい年の始まりにあたり、「笑う絵画」が皆様に笑顔と福をお届けできれば幸いです。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/collection1-2.html
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索