タイトル等
華麗なる新美コレクション2018/2019
五大巨匠展
鉄斎 大観 栖鳳 玉堂 関雪
会場
新見美術館
会期
2019-01-26~2019-04-07
休催日
月曜(但し、2/11[月・祝]は開館し翌日休館)
開催時間
9時30分~17時
(入館は16時30分まで)
観覧料
一般400(350)円、中高生250(200)円、小学生150(100)円
※( )内は15人以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料
主催者
新見美術館
概要
新見美術館の日本画は、 開館当時、郷土出身の故横内正弘氏から寄贈を受けた富岡鉄斎の 作品を中心としたコ レクシ ョ ン で スタートしました。 その後、市内外のコ レクターからの寄贈や寄託、市の絵画購入などにより充実、開館から30年近く経った現在、近代から現代に至までの日本画の歩みをたどることができるコレクションとなっています。中でも富岡鉄斎の作品は開館当初から屈指のコレクション数を誇、 所蔵点数は関連作品を 含め現在70 点を超えて います 。 また、横山大観 、竹内栖鳳 、川合 玉堂、 橋本関雪ら歴史に名を刻む巨匠たちの作品も点数・内容ともに充実して います。
本展では、 当館所蔵の日本画コレクシ ョ ン の中から、 富岡鉄斎の作品を中心に横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、橋本関雪の五大巨匠の作品を紹介。明治から昭和にかけ活躍した巨匠たちの足跡をコレクションによりたどります。 また、特集展示として、平成 21(2009 )年に亡くなった新見市ゆかりの洋画家・藤井 哲氏の没後10年を記念して、生涯手元に置き愛してやまなかった素描の数々を展示し、氏の画業を偲びます 。
イベント情報
ワークショップ 「ひな人形をつくろう!」 募集中
日時:3月2日(土)9:30~12:30
講師:ひな人形の喜峯
対象:小学生親子~一般
定員:20名
会費:1000円(材料費)
内容:幸喜雛または招福雛のどちらかを選んで制作していただきます。
ホームページ
http://www.geocities.jp/niimimoa/jikaitenji.html
会場住所
〒718-0017
岡山県新見市西方361
交通案内
● JR新見駅から、タクシーで5分、徒歩で10分

● JR新見駅まで
JR岡山駅から 伯備線下り(米子・出雲方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。
JR米子駅から 伯備線上り(新見・岡山方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。

● 中国自動車道 新見インターチェンジから車で約7分

● 岡山方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
新見市役所前交差点を左折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。

● 米子方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
高尾交差点を右折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。
ホームページ
http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
岡山県新見市西方361
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索