タイトル等
特別陳列
覚盛上人770年御忌
鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興
会場
奈良国立博物館
西新館
会期
2019-02-08~2019-03-14
休催日
2月18日(月)・25日(月)
開催時間
午前9時30分~午後5時
※ただし以下の日は開館時間を延長
●2月8日(金)、9日(土)は午後9時まで
●2月10日(日)~14日(木)は午後8時30分まで
●毎週金・土曜日[2月8日(金)、9日(土)を除く]は午後8時まで
●3月3日(日)~7日(木)、10日(日)、11日(月)、13日(水)、14日(木)は午後6時まで
●3月12日(火)は午後7時まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料
個人 一般520円 大学生260円
団体 一般410円 大学生210円
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※団体は20名以上です。
※中学生以下のお子様と一緒に観覧される方は、一般410円、大学生210円です。
※2月22日(金)にご夫婦で観覧される方は半額になります。
※この観覧料金で、同時開催の名品展「珠玉の仏教美術」「珠玉の仏たち」「中国古代青銅器」をあわせてご覧になれます。
※2月24日(日)は天皇陛下御即位30年を慶祝し、無料観覧日となります。
主催者
奈良国立博物館、唐招提寺
協賛・協力等
協力◆仏教美術協会
概要
唐招提寺中興の祖と仰がれる覚盛上人(かくじょうしょうにん)は、鎌倉時代に叡尊(えいそん)等とともに戒律復興運動の中心となった僧侶です。唐招提寺の長老としての在任期間はわずか五年でしたが、その後の寺勢興隆の礎を築き、建長元年(一二四九)五月十九日に寿齢五十七で生涯を閉じました。今でも唐招提寺では、毎年、上人の命日である五月十九日に中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)が執行されています。一般には、同日の法要後におこなわれる「うちわまき」が知られていますが、これは、上人が肌にとまった蚊を殺生しなかった、その高い徳を讃えて蚊を払うための団扇(うちわ)が奉納された、という伝説に基づいています。
本展は、今年(二〇一九年)で覚盛上人の入滅から七百七十年となるのを機に、上人の事績を顕彰するとともに、その前後に活躍した貞慶(じょうけい)、證玄(しょうげん)といった高僧にも触れ、鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興について紹介するものです。初出陳となる證玄骨蔵器をはじめ、貴重な品々をこの機会にぜひともご鑑賞ください。
イベント情報
「覚盛上人770年御忌 鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興」公開講座
2月23日(土)「覚盛上人の事跡―唐招提寺中興―」
講師/野尻 忠 (当館学芸部企画室長)
●公開講座は各回とも午後1時30分~3時(開場は午後1時)。当館講堂にて。定員194名(先着順)。聴講無料。(12時より講堂前にて、入場には整理券(お1人様につき1枚)を配布します。入場整理券受取の際には、本展の観覧券もしくはその半券、奈良博プレミアムカード等をご提示ください。入場受付は講座開始後30分で終了します。)
ホームページ
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2019toku/kakujo/kakujo_index.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル050-5542-8600
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索