タイトル等
鎌倉-禅の源流
建長寺創建750年記念 特別展
会場
東京国立博物館
会期
2003-06-03~2003-07-13
休催日
月曜日
開催時間
9:30~17:00。金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 1300(950)円
高大生 900(510)円
小中生 400(230)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者とその介護者1名は無料
主催者
東京国立博物館、日本経済新聞社
概要
そもそも鎌倉の禅は、建長寺開山の蘭渓道隆から始まったのです。中国の禅寺と同様の規則や様式、運営方法を取り入れて、建長寺を禅宗専門の道場としたことによります。新しく伝わった禅を学ぶため各地から僧が集まり、禅宗が日本仏教の中で大きな流れになりました。その後も日本と中国の禅僧が頻繁に往来したので、鎌倉と中国との距離は接近し、船で運ばれた書画、磁器、漆器のほか、くつろいだ姿の観音像や異彩を放つ伽藍神像など道教と仏教が混ざり合って生まれた独特の尊像が堂内に置かれました。建長寺、円覚寺には中国の寺院と変わらない風景画広がっていたことでしょう。保守的な京都の禅宗寺院よりも多くのものを受容した鎌倉の禅刹。枯淡なものというイメージを改める、多彩な禅の文化をご覧ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索