タイトル等
出光コレクションによる サム・フランシス展
会場
いわき市立美術館
会期
2003-06-03~2003-07-06
休催日
月曜日
開催時間
9:30~17:00。7/4は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 840(670)円
高・高専・大生 310(240)円
小・中生 210(160)円
※( )内は20名以上の団体料金
※65歳以上の方、身障者手帳等をお持ちの方は無料
※市内の小・中・高・高専生は土日の無料
主催者
いわき市立美術館、読売新聞社、福島民友新聞社、福島中央テレビ
概要
サム・フランシス(1923-1994)は、20世紀美術を代表するアメリカ抽象表現主義の画家として美術史にその名を残す現代の巨匠ですが、戦時中の飛行機事故による怪我が契機となり画家の道に転じるまで、美術とはほとんど縁の無かった異色の画家です。
サム・フランシスの画風は、水彩画にも相通じる滲みや飛沫、美しい色彩と大らかに呼応する大胆な余白など、日本人の美意識にもかなう独特の絵画世界を作り上げています。
脊髄損傷という大怪我が原因となり、生涯幾度と無く重い病に苦しむこととなりましたが、それでもなお、自らの病苦を凌駕するかのような精力的な絵画制作を続け、一作ごとに澄みきった光に満ちあふれてゆく独特の色彩世界は、サム・フランシスという画家にとっての絵画の何たるか、色彩の何たるかを、静かに物語っているかのようです。
1957年の初来日以来、日本の美術家ばかりでなく詩人、音楽家、評論家など多方面にわたる文化人と親交を深め、多くの作品を制作・発表するなど、日本とのつながりも深く、大変な親日家でもありました。
本展は、サム・フランシス作品の世界的コレクションを誇る出光美術館の全面的協力を得て、初期から晩年までの代表的作品50点を選りすぐって紹介するものです。
8メートルを超える巨大作品や国内未公開だった貴重な作品の数々を含む油彩、アクリル彩、水彩のどれもが、サム・フランシスが追い続けた華麗なまでの色彩世界を堪能するに十分の力作であり、日本が世界の誇るコレクションの圧倒的な魅力を知るまたとない機会となるでしょう。
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/index.html
展覧会問合せ先
電話:0246-25-1111 ファクス:0246-25-1115
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索