タイトル等
所蔵企画展 卓上静物 テーブルの上のモノたち
併催 特集展示・女性の美2 少女
会場
メナード美術館
会期
2003-04-23~2003-06-22
休催日
月曜日(但し5月5日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
☆5月3日(土)は午後7時まで開館(入館は6時30分まで)
観覧料
一般700円(600円) 高大生500円(400円) 小中生300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館
概要
テーブルの上という限られた空間とモチーフで構成する卓上静物。それゆえに画家の構成力や造形性が最も発揮できるといえます。一輪の花が飾られた壷、色とりどりの果物、たくさんの瓶やコップなど、日常見慣れた物たちは絵画空間の中で新たな生命を吹き込まれます。静物=静かなる「モノ」たちの織りなす表情豊かな世界をお楽しみ下さい。
また、併催として、メナード美術館所蔵の女性像の名作をテーマに分けて展観する第2回目「少女」。幼い少女の愛らしさ、年頃の少女の楚々とした美しさが表された洋画・日本画17点で構成します。

【主な作品】
[卓上静物]
ピカソ《静物=ローソク・パレットと牡牛の頭》 ブラック《青いテーブルクロス》 モランディ《静物》 安井曽太郎《卓上静物》《水蜜桃》 佐伯祐三《静物=パリ・ソアル》 小林古径《柿》 小倉遊亀《白椿》
[少女]
ルノワール《横顔の少女》 平山郁夫《シリア砂漠》 岡田三郎助《浴衣の少女》 国吉康雄《ピンクスリップの少女》 岸田劉生《林檎を持てる麗子》※半期展示4/23~5/23展示 《麗子坐像》※半期展示5/24~6/22展示

☆★☆初公開☆★☆
大沼映夫《卓上静物》 島田章三《二人構図》 奥谷博《河豚と蝉魚》 パスキン《ばら色のリボンの少女》 髙山辰雄《銀河を見る少女》

■講座「この一点を語る」
5月3日(土)午後6時~(15分間)
作品:モランディ《静物》
講師:阿野義久氏(洋画家・愛知県立芸術大学助教授)

■NZ公開講座 6月7日(土)
・講演 午後2時~3時 要申込/参加無料
演題:「物と、その回りとの対話」
講師:加藤鉦次氏(名古屋造形芸術大学・短期大学部教授)
・コンサート 3時15分~3時45分 申込不要/要入館券
フルート&ハープ
フルート:冨久田治彦氏(名古屋フィルハーモニー交響楽団)
ハープ:水谷元美氏

ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索