タイトル等
清里フォトアートミュージアム収蔵作品展
原点を、永遠に。-2018-
会場
東京都写真美術館
地下1階展示室
会期
2018-03-24~2018-05-13
前期〈歴史篇〉:3月24日~4月15日
後期〈作家編〉:4月17日~5月13日
休催日
毎週月曜日(ただし4月30日(月・振)、5月1日(火)は開館)
開催時間
10:00~18:00
(ただし、木・金は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
観覧料
無料
主催者
清里フォトアートミュージアム
協賛・協力等
共催:東京都写真美術館
◎本展は、主催者の清里フォトアートミュージアムが、真如苑・社会貢献基金の助成を受けて開催いたします。
概要
清里フォトアートミュージアム(K★MoPA)は、東京都写真美術館において2度目となる「原点を、永遠に。-2018-」展を開催します。
■19-20世紀の“ヤング・ポートフォリオ”
本展はK★MoPAの全収蔵作品の中から、写真家が35歳までに撮影した作品を展示いたします。19世紀以降の海外の著名な写真家35人、第二次世界大戦以後の日本を代表する31人、当館が世界の35歳以下を対象におこなう公募=ヤング・ポートフォリオから厳選した29人、計95人(各1~5点出品)409点の写真を公開いたします。
なお会期中に展示替えをおこない、同一作品を異なる順序でご覧いただきます。

前期〈歴史篇〉:3月24日~4月15日
1886~2016年の作品を撮影年代順に展示。 青年が時代を切り拓いてきた軌跡をたどります。

後期〈作家篇〉:4月17日~5月13日
作家名をほぼアルファベット順に展示。 一人ひとりの個性と写真の多様性に触れていただきます。

■芸術における青年期の意義を問う
芸術家は、青年期に強い意志と情熱をもって試行錯誤を重ねることにより、才能・資質が高められ、作品のクオリティが磨かれます。研鑽を積んだ作家の多くは、おのずと30代には自己のスタイルを確立し、代表作となる作品を生みだしています。青年の原点とも言うべき作品が、表現の領域を開拓し、歴史を築いてきました。そこには永遠の輝きがありますK★MoPAは本展において、芸術における青年期の意義を問いたいと思います。
(なお本展は2018年6月国立台湾美術館にて巡回展をおこないます。また両館の相互交流を深めるため、国立台湾美術館の収蔵作品展を7月よりK★MoPAにて開催する予定です。)
イベント情報
ギャラリートーク
3月24日(土) 14:00~15:00 中藤毅彦(写真家)× 柊サナカ(ミステリー作家)
3月25日(日) 14:00~15:00 瀬戸正人(写真家)
4月 7日(土) 14:00~15:00 川田喜久治(写真家)
4月21日(土) ①14:00~15:00/②16:00~17:00 鬼海弘雄(写真家)
*予約不要
トーク会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3000.html
展覧会問合せ先
清里フォトアートミュージアム TEL.0551-48-5599 info@kmopa.com
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索