タイトル等
東京藝術大学130 周年記念事業
全国美術・教育リサーチプロジェクト-文化芸術基盤の拡大を目指して-
子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。パブロ・ピカソ
幼稚園から小中学生、現役大学生、アーティストの作品を通し美術教育の流れを体感する展覧会
会場
東京藝術大学大学美術館
3階
会期
2017-11-17~2017-12-03
休催日
月曜日
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
※会期中の金・土曜日は20:00まで開館(入館は19:30まで)
観覧料
無料
主催者
東京藝術大学美術学部
協賛・協力等
後援:文化庁
協力東京藝術大学美術学部杜の会
概要
本展覧会は、幼稚園児、小中高生、現役大学生からアーティストまでの作品を一堂に展示することで、我が国における美術教育の流れを体感する貴重な機会となります。
価値観が多様化する現代に於いて、「自分を生き生きと表現する」若者を育成し、「生きる力を喚起し創造力ある」社会をつくるためには、個々人の個性や想像力を育む美術教育の役割は非常に重要であると考えています。
故に、これからの美術教育を考える上では、小中学校や高校での授業を通して、さらに多様な芸術表現を学ぶ機会を増やさなければなりません。そして、幼稚園→小学校→中学校→高等学校と繋がる美術教育の流れが途切れることの無いよう、一層関係性を強化し、大学とも深く連携することで、子供たちの成長過程に即した創造力の育成を行うべきであると考えます。
本展覧会は、我が国における美術教育を再考し、美術教育に新しい流れを生み出す呼び水となることを目指しています。
イベント情報
シンポジウム
日時:11月17日[金]14:00-16:00
会場:東京藝術大学美術学部絵画棟1F大石膏室
パネリスト:
椿昇(現代美術家)
日比野克彦(東京藝術大学美術学部長・先端芸術表現科教授)
中村政人(東京藝術大学美術学部絵画科油画教授)
橋本和幸(東京藝術大学美術学部デザイン科教授)

ラウンドテーブル-東京藝術大学教員と幼・小・中・高の教員による公開討論会-
日時:11月18日[土]14:00-16:00
会場:東京藝術大学美術館3F 展覧会会場内
ホームページ
http://research-project.geidai.ac.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索