タイトル等
現代日本画家 伊藤喜久井と門下生たち
会場
致道博物館
会期
2017-07-08~2017-08-07
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般700円 学生380円 小中学生280円
団体(一般600円 学生350円 小中学生200円)
主催者
公益財団法人致道博物館
協賛・協力等
共 催 山形県・公益財団法人山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会
概要
明治生まれの伊藤喜久井氏は、妻として母として忙しい日々を送りながら、温かい眼差しを対象に注ぎ、数多くの作品を制作しました。庄内の自然の中で逞しく生きる女性や純真な女の子―その内在する思いを映しとると同時に、戦後の経済成長期に変容していく庄内の風俗も描き残しています。
日本画技術の研究と普及発展や後進の育成に尽力し、鶴岡市市政功労者表彰を受けたほか、地域の文化向上に著しく貢献した功績によって山形県より齋藤茂吉文化賞が贈られました。
本展は、郷土を代表する日本画家・伊藤喜久井氏の没後15年の節目に、その画業や志、後進育成への熱き思いを振り返ります。伊藤喜久井氏の大作約20点を中心に、物故した初期門下生の作品を展観します。
会場住所
〒997-0036
山形県鶴岡市家中新町10-18
交通案内
■ JR 鶴岡駅より バス10分 「致道博物館前」下車
■ 山形自動車道 鶴岡I.C.より 車で5分
■ 庄内空港より 車で20分
ホームページ
http://www.chido.jp/
山形県鶴岡市家中新町10-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索