タイトル等
群馬の美術
―地域社会における現代美術の居場所
会場
群馬県立近代美術館
会期
2017-04-22~2017-06-25
休催日
毎週月曜日(ただし5月1日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般820(650)円、大高生410(320)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
概要
群馬県内では、今、それぞれの地域に根ざした継続的な美術活動を目指す動きが多く見られます。こうした状況は今になって突然発生したわけではなく、背景には美術を取り巻く社会環境の変化や、過去の様々な活動の積み重ねがあります。
この展覧会は、現在の群馬における現代美術の状況を検証しようとするものです。そのためにまず1980年代までさかのぼり、資料によって過去から現在へとつながる現代美術の水脈をたどることを試みます。そしてまさに今、県内で活発な活動を展開している現代美術作家15人をとりあげ、平面、立体、インスタレーション、パフォーマンスなど多彩な表現を紹介します。
これらの作家たちが群馬という日本の一地方に拠点を構える理由は様々ですが、それぞれの制作活動を通して、地方における現代美術の可能性、あるいは地域社会と現代美術との関わり方を考えてみたいと思います。
イベント情報
○シリーズ座談会
出品作家にゲストを交え、様々なテーマで話し合います。
1
「場所・群馬」からya-ginsまで─前橋における現代美術の水脈
4月30日(日)
出品作家 : 白川昌生、木暮伸也、八木隆行
ゲスト : 柳 健司(美術家)
田中是宇(「場所・T house」プロジェクト実行委員会代表)
2
アーティストとコミュニティ─アーツ前橋開館の前と後
5月13日(土)
出品作家 : 小野田賢三、喜多村徹雄、村田峰紀、カナイサワコ、榎本浩子
ゲスト : 住友文彦(アーツ前橋館長)
3
見出された場所─アーティストにとっての群馬の魅力
5月21日(日)
出品作家 : 三輪洸旗、大日向基子、寺村サチコ
ゲスト : キール・ハーン(シロ・オニ・スタジオ代表)
皆川俊平(WATARASE Art Project代表)
4
アーティストの居場所─生まれ故郷で作り続けること
6月4日(日)
出品作家 : みねお あやまぐち、田畑信之、ましもゆき、村上 早
ゲスト : 須田真理(渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館学芸員)

時間:各日14:00~15:30
会場:当館2階 講堂
[聴講無料・申込不要]
*登壇者は変更になる場合があります。最新の情報は当館ホームページをご確認ください。

○パフォーマンス
1
村田峰紀「drawing 22/04/2017」
4月22日(土) 13:30~
[要観覧料/申込不要]
2
大日向基子「白い人たち」(桐生大学短期大学部学生との共演)
4月22日(土) 14:30~/ 5月7日(日) 14:00~
[観覧無料/申込不要]

○学芸員による作品解説会
5月17日(水)/6月10日(土) 各日14:00~15:00
[要観覧料・申込不要]
会場住所
〒370-1293
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
交通案内
[自動車]
■ 上信越自動車道の 「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分。
■ 関越自動車道 「高崎玉村スマートI.C.」(ETCのみ)より出て高崎方面に向かい、県道13号線を藤岡方面に約8分。
■ 北関東自動車道 「前橋南I.C.」より県道13号線を藤岡方面に約15分。
■ 県立公園「群馬の森」の大駐車場をご利用ください(無料)。 大型バス複数台駐車可能。(要予約)
*公園閉園後の駐車場の利用はできません。
県立公園「群馬の森」 開園時間: 4月~9月:7時30分~18時30分 / 10月~3月:8時~17時30分

[タクシー]
■ JR 高崎駅東口より 約20分
■ JR 新町駅より 約10分

[電車・バス]
■ JR 高崎線・湘南新宿ライン または 上越・北陸新幹線で 高崎駅下車 (新幹線は東京駅より約60分)。
JR 高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん 「群馬の森線」 9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」 15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車。(200円)
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索