タイトル等
特別展
燕子花図と夏秋渓流図
光琳 其一
会場
根津美術館
会期
2017-04-12~2017-05-14
休催日
毎週月曜日 ただし5月1日(月)は開館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【夜間開館】5月9日(火)~5月14日(日)午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
観覧料
一般1300円 学生1000円
20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
【前売券】一般1100円 学生800円
「高麗仏画」展開催期間中(3月4日~3月31日)根津美術館ミュージアムショップにて販売
概要
尾形光琳(おがたこうりん)(1658~1716)による国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一(すずききいつ)(1796~1858)による「夏秋渓流図屏風」という、琳派の二大傑作を同時にご覧いただく展覧会です。
無背景に燕子花のみを描く「燕子花図屏風」は、衣裳デザインのようでありながら溌剌とした生気を放っています。対して「夏秋渓流図屏風」は、渓流の流れる檜の林に山百合や桜紅葉が彩りを添える一見何気ない情景に、どこか非現実的な感覚を湛えています。しかし二つの作品には、モチーフの律動感や金地に青や緑が映える色彩などの点で、相通じるものも見出されます。
このたびの展覧会では、琳派の金屏風の数々にあわせ、其一が活躍した19世紀前半から、20世紀初頭まの江戸=東京で制作された作品を展示します。
イベント情報
講演会「其一と光琳 ―受け継がれる革新(アバンギャルド)―」
講師 岡野智子氏(細見美術館 上席研究員)
5月13日(土)午後2時~3時30分 根津美術館講堂
定員130名 [事前申込制]※先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。
【申し込み方法】当館ホームページの「イベント情報」の申し込みフォームから、または往復はがき(1参加者につき1枚)に、参加を希望される講演会名・住所・氏名(返信面にも)・電話番号を明記の上、〒107-0062東京都港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係あてにお送りください。

展示内容について、当館学芸員学芸員スライドを用いて説明します。
●モーニングレクチャー 4月18日(火)・28日(金) 午前11時~
●イブニングレクチャー 5月9日(火) 午後5時30分~
各回45分間程度 根津美術館 講堂
定員130名[事前申込不要]※先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

※参加は無料ですが、入館料をお支払いください。
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索