タイトル等
サカツ・コレクション
日本のポスター芸術
明治・大正・昭和の彩り
会場
うらわ美術館
ギャラリーABC
会期
2017-04-22~2017-06-18
休催日
月曜日
開催時間
10時~17時
土曜日・日曜日のみ~20時(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般610円(480円) 大高生410円(320円) 中小生200円(160円)
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
*リピーター割引:観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご覧いただけます(観覧日から1年、1名様、1回限り有効)
主催者
うらわ美術館
協賛・協力等
協力:(株)サカツコーポレーション 企画協力:(有)イー・エム・アイ・ネットワーク 調査協力:田島奈都子
概要
新しい商品を広めながら店頭を飾り、生活を彩った広告ポスター。日本でポスターが作られ始めた明治以降、浮世絵に続く美人画の系譜を元に、日本画家や洋画家、図案家や無名の職人らによって、高度な印刷技術を駆使した色鮮やかなポスターが数多く作られました。時に海外の美術様式などを取り入れながら、最先端の流行や時代の美意識を映し出したポスターは、憧れとともに鑑賞される対象でもありました。
本展では、散逸した飲料メーカーのポスターの収集・保存に努めるサカツ・コレクションより、美人画ポスターを中心に、選りすぐりの約85点を展覧します。明治の引札から昭和戦前期まで、懐かしくも新しい貴重なポスターの数々をご覧いただきます。あわせて、当館とさいたま市立博物館のコレクションより、同時代の印刷物として時代を彩った本や雑誌も紹介します。
商品のみならず、ファッションから建物まで、人々の嗜好や風俗、世相を映したグラフィック作品を通して、日本の広告史、デザイン史、文化史、近代史の豊かな一端に触れることができるでしょう。レトロでモダン、時にノスタルジックで今なお新鮮、多彩なポスターや本の数々をお楽しみください。
イベント情報
田島奈都子氏(青梅市立美術館 学芸員)によるギャラリー・トーク
「日本のポスター:見どころ散策」
4月29日(土)、14:00~

当館学芸員によるギャラリー・トーク
5月14日(日)、5月27日(土)、6月11日(日)、14:00~

〈自由参加。ロビーにお集まりください。当日の観覧券が必要です〉
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索